ホワイトチャペル 終わりなき殺意 シリーズ3 第3話 切断 前編

まで販売しています

マイルズの娘マーサが誕生し、洗礼祝いのパーティーが開かれるが、その夜ホワイトチャペルの裏通りで切断された女性の腕が発見される。腕はキツネが運んできたと思われた。マイルズはマーサの夜泣きに悩まされ、極度の睡眠不足であった。テムズ川上流の町リッチモンドからミーナ・ノロイ警部補がやってくる。川で女性の胴体が発見されたという。”几帳面”で”素敵”なノロイにジョーは好意を持つ。発見された胴体と腕は同じ女性でも肩に小さな星のタトゥーがあった。被害者は毒殺後切断されていたが、身元も毒物も不明であった。バッカンは1887年に4人の女性が殺害されて切断された”テムズ川バラバラ事件”を紹介するが、あまり役には立たなかった。バッカンは資料室の整理と拡充に夢中で、新たな資料を次々と持ち込んでいた。

キャスト

ルパート・ペンリー・ジョーンズ
フィル・デイビス
スティーブ・ペンバートン

スタッフ

監督
リチャード・クラーク
制作総指揮
サリー・ウッドワード・ジェントル

タイトル情報

ジャンル
ドラマ海外ドラマ
作品タイプ
サスペンス・ミステリー
製作年
製作国
イギリス
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)Carnival Film & Television Limited 2011

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す