鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-('02年宙組・東京)

販売終了未定

18世紀、ヴェネツィアの劇作家ゴッツィによって書かれた寓話劇で、プッチーニのオペラでも有名な「トゥーランドット」をベースにした作品。「トゥーランドット」を取り上げた舞台は宝塚では、白井鐵造によって'34年に上演され、'52年には春日野八千代のカラフ王子を主演に置き換えて再演され好評を博した。今回は21世紀版として、原作の持つ感情的なドラマはそのままに、愛の力を謳い上げる情熱的な物語として新しく描かれている。戦いに敗れ滅んだ国の王子カラフ(和央ようか)は諸国を放浪していたが、生き別れの父がいると聞いて北京に行き、故国の奴隷娘タマル(彩乃かなみ)に守られた父に再会する。また盗賊の頭バラク(水夏希)と出会って意気投合する。その頃北京では、たぐいまれな美貌を持つ皇帝の娘トゥーランドット(花總まり)が、求婚者たちに3つの謎を出し、解けないと首をはねるという謎解きが評判になっていた。彼女に一目で惹かれたカラフは、謎解きへの挑戦を告げる銅鑼を鳴らすのだった。

鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-('02年宙組・東京)

550円〜

購入手続きへ

映像一覧