エリザベート-愛と死の輪舞-(’98年宙組・宝塚)

まで販売しています

ハプスブルク家の皇妃エリザベートの生涯を描いたウィーン発のミュージカルを、<死、黄泉の帝王>であるトートを主人公にして宝塚ならではの作品として上演。'96年2~3月に雪組で初演され大好評を得て、その年の11~12月に星組で再演。そして、'98年に新しく誕生した宙組により、三度目の上演となったのが当公演。物語はエリザベート暗殺犯ルキーニ(湖月わたる)を狂言まわしに進行する。意識不明となり冥界に迷い込んだエリザベート(花總まり)に一目で惹きつけられたトート<死、黄泉の帝王>(姿月あさと)は、彼女に命を返してやる。そして、その愛を獲るまでエリザベートを追い続けることを決意する。ハプスブルグ家の若き皇帝フランツ(和央ようか)はエリザベートを見初め二人は結婚するが、自由を愛する彼女は厳格な皇太后ゾフィー(出雲綾)や、窮屈な宮廷生活に耐えられず、フランツに助けを求めるが彼も味方ではなかった。そんなエリザベートの許にトートは度々訪れ死へと誘惑する…。Book and Lyrics by Michael Kunze Music and Orchestrations by Sylvester Levay Original production: Vereinigte Buhnen Wien GmbH Worldwide Stage Rights: VBW International GmbH Linke Wienzeile 6, 1060 Vienna, Austria international@vbw.at www.vbw-international.at ORIGINAL PRODUCTION BY VBW VEREINIGTE BUHNEN WIEN a company of w!enhold!ng (C)1992 Edition Butterfly Roswitha Kunze / Levay Music Rights for Japan controlled by Shinko Music Publishing Co., Ltd., Tokyo

エリザベート-愛と死の輪舞-(’98年宙組・宝塚)

880円〜

購入手続きへ

映像一覧

キャスト

姿月あさと
花總まり
和央ようか

スタッフ

脚本・歌詞
ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲
シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション
ウィーン劇場協会
潤色・演出
小池修一郎

タイトル情報

ジャンル
趣味・その他アート・芸術
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)宝塚歌劇団

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す