白夜の誓い -グスタフIII世、誇り高き王の戦い-('15年宙組・東京・千秋楽)

販売終了未定

ロココの寵児として北欧史にその名を残す、スウェーデン国王グスタフIII世の波乱に満ちた生涯を描いた作品。また、当公演は宙組トップスター(当時)凰稀かなめのサヨナラ公演となった。1770年、スウェーデンの皇太子グスタフ(凰稀かなめ)は、幼馴染みのアンカーストレム(緒月遠麻)と共にパリに遊学していた。パリの地で自由思想に触れたグスタフは、一国の君主となるべき立場にも関わらず、市民の手による新しい時代の到来を確信する。グスタフは伯爵未亡人のイザベル(伶美うらら)という美しく聡明な女性に想いを寄せていた。そんなある日、グスタフの許へ、父である国王が亡くなったとの報せが届く。スウェーデンに戻ったグスタフは、親ロシア派の大臣クランツ(寿つかさ)が亡き国王を軽んじ、政をほしいままにしてきたことを知る。一方クランツは近衛士官長のリリホルン(朝夏まなと)にグスタフの動向を探るように命じる。新国王となる戴冠式の席で、グスタフはクランツに国王としての誇りを傷つけられた上、国家の方針に従えない場合は退位もあり得ると恫喝されてしまう。さらにロシアと同盟関係にあるデンマークの王女ソフィア(実咲凜音)を妃として迎えるべく手筈が整えられていた…。

白夜の誓い -グスタフIII世、誇り高き王の戦い-('15年宙組・東京・千秋楽)

550円〜

購入手続きへ

映像一覧