エリザベート-愛と死の輪舞-('02年花組・宝塚)

まで販売しています

ハプスブルグ家最後の皇后エリザベートの生涯を、彼女と”死”トート、そして夫の皇帝フランツの愛憎劇として描くウィーン発のミュージカル。宝塚では、トート中心の潤色で'96年に雪組で初演。その後、各組で再演が続き宝塚歌劇の代表作となる。今回お届けする春野寿美礼がトートを演じた花組公演から、トートとエリザベートのデュエット”私が踊る時”が加えられた。物語は暗殺犯ルキーニ(瀬奈じゅん)を狂言まわしに進行する。トート<死、黄泉の帝王>(春野寿美礼)は少女エリザベート(大鳥れい)を一目見て惹かれ、瀕死の彼女の命を助ける。そして生きたままのエリザベートの愛を獲るまで何処までも彼女を追い続けようと決心する。一方、エリザベートはハプスブルグ家の若き皇帝フランツ(樹里咲穂)と結婚するが、自由を愛する彼女は厳格な皇太后ゾフィーや窮屈な宮廷生活に耐えられず、また、フランツも味方ではなかった。

エリザベート-愛と死の輪舞-('02年花組・宝塚)

880円〜

購入手続きへ

映像一覧

キャスト

春野寿美礼
大鳥れい
瀬奈じゅん
樹里咲穂

スタッフ

脚本・歌詞
ミヒャエル・クンツェ
音楽
シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション
ウィーン劇場協会
潤色・演出
小池修一郎

タイトル情報

ジャンル
趣味・その他アート・芸術
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)宝塚歌劇団

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す