遠い絵本 第一部

販売終了未定

アラスカのアンカレッジ空港で、立花冴子(八千草薫)は、思いがけない人物とすれ違う。故郷の小樽で、かつて心を通わせた坊城五郎(池部良)だった。冴子が、アラスカで暮らすようになり25年。アメリカ人の夫と死別後、空港の免税店で働きながら、亡き夫の連れ子ジョニーと生活している。懐かしさから、坊城の宿泊先を探す冴子。一方、坊城は、高度経済成長期の日本で、家族さえ顧みずに“企業戦士”として生きてきた。だが5年前、妻に先立たれ、今や若くはない身を閑職に置くことが決まっていた。アラスカの旅は、人生を見つめ直す時間でもあった。それぞれに戦後を送ってきた冴子と坊城。2人は再会を果たしアラスカの地を旅する。遠い日の記憶が冴子によみがえる。「自分は童話を書くから、よく私に“絵を描け”と話していたわ…」若き日の坊城は絵本作家を目指していた。しかしアラスカの白夜の下、まるで“人生の空白”を知らされたかのように、ただ坊城は佇んでいた…。(前編)

遠い絵本 第一部

550円〜

購入手続きへ

映像一覧

キャスト

立花冴子
八千草薫
坊城五郎
池部良
南部大作
下元勉

スタッフ

脚本
倉本聰
演出
守分寿男
プロデューサー
佐山峻、甫喜本宏

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
短編・長編・オムニバス
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)北海道放送

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す