BONES ―骨は語る― シーズン3 第12話 悲しき子守唄

まで販売しています

自動車事故の現場で黒こげになった女性の遺体を発見。車のすぐ近くの木の上には、ベビーシートごと飛ばされた赤ん坊がいた。車にはガソリンが撒かれ火をつけられた痕跡があることから殺人と断定。だが赤ん坊が証拠物件となる鍵を飲み込んでしまったため、ブレナンは鍵が自然に排出されるまで自分で引き取ることに。骨の成分から女性の住んでいた場所を見つけたブレナンたちは聞き込みを開始。そこは寂れた元炭鉱町だった。被害者の友人夫婦が見つかり、女性の名前がメグで、息子のアンディを一人で育てていたことが分かったブースたち。メグが働いていたタイヤ工場へ向かうと、彼女の上司や同僚から、メグが本社の会計士デイブと付き合っていたことを聞かされる。デイブは頻繁に工場にやってきては、その都度従業員を解雇していた。だがそのデイブもまた行方不明だった。突然赤ん坊を預かることになったブレナンは戸惑い顔。最初は赤ん坊をあやす時でも理詰めでぎこちない彼女だったが、ラボでもすっかり人気者になった赤ちゃんと過ごすうちに、少しずつ母性本能のようなものが目覚めてくるのだった。

第12話 悲しき子守唄

165円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

タイトル情報

ジャンル
ドラマ海外ドラマ
作品タイプ
警察・刑事
サスペンス・ミステリー
製作年
製作国
アメリカ
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) 2007‐2008 Fox and its related entities. All rights reserved.

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す