BONES ―骨は語る― シーズン3 第6話 燃え尽きた優等生

まで販売しています

ジェファソニアン研究所の焼却炉から若い女性の遺体が発見される。入管記録を見る限り被害者は内部の人間であり、同時にそれは犯人も内部の人間だということを指していた。遺体を見たアンジェラは、復顔する前から被害者が研修生のクリステンだと分かってしまう。彼女はアンジェラに職場内不倫を告白していた。彼女の上司、クリムキュー博士の話からクリステンが"父なき息子"事件の押収品を調べていることが分かり、ラボではゴルモゴンと呼ばれる犯人が内部にいるのではないかと囁かれるようになる。やがてジャックたちの実験から遺体が最上階から投げ捨てられたことが判明。そこは幹部たちのフロアだった。さらに彼女の携帯履歴から中東部門のトップ、アルドリッジ博士を突き止めたブースたちは彼のオフィスを捜索。しかし容疑が向けられたとたん、彼は何者かによって殺害されてしまう。ブースはカミールの父親の誕生パーティーに呼ばれて困惑顔。既に別れたことを父親に言えないカミールのために、1日だけ恋人のフリをすることに。おまけに常に張り合っているカミール姉妹に振り回され、さんざんな目に遭ってしまう。

第6話 燃え尽きた優等生

165円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

タイトル情報

ジャンル
ドラマ海外ドラマ
作品タイプ
警察・刑事
サスペンス・ミステリー
製作年
製作国
アメリカ
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) 2007‐2008 Fox and its related entities. All rights reserved.

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す