学研の名作アニメ セロひきのゴーシュ

販売終了未定

町の楽団でセロを弾いているゴーシュは、仲間のなかで一番下手だと言われていた。ある晩、ゴーシュが夜遅くまでセロの練習をしていると、家のドアをノックする音が聞こえる。ドアを開けると、そこには大きな三毛猫がいて…。