蜜蜂と遠雷 「蜜蜂と遠雷」 若きピアニストたちの18日

まで販売しています

2017年の直木賞と本屋大賞をダブル受賞した、恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』。あるピアノコンクールに挑む4人の若き演奏家が、コンクールという厳しい現実に押しつぶされそうになりながらも成長していく姿を描いた青春群像劇だ。小説のモデルは、楽器の町・浜松市で3年ごとに開かれる「浜松国際ピアノコンクール」。2018年11月に開かれた大会に密着。小説の朗読も交え、ピアノと向きあう若者たちの姿を伝える。

「蜜蜂と遠雷」 若きピアニストたちの18日

220円〜

購入手続きへ

映像一覧