漱石悶々 夏目漱石最後の恋 「漱石悶々(もんもん) 夏目漱石最後の恋 京都祇園の二十九日間」

まで販売しています

「春の川を隔てて男女哉(かな)」夏目漱石は、ある女性の面影を胸にこう詠んだ。女は磯田多佳。京都祇園のお茶屋の若きおかみで、芸、才、美貌を兼ね備えた祇園の名物おかみだった。二人が出会ったとき多佳は36歳、漱石は48歳。翌年漱石は49年の短い生涯を終えた。のこされた日記や手紙から浮かび上がる京都の29日間。それは文豪の“最後の恋”だったのか?せつない恋と大人の笑いが交錯する極上のエンターテインメント!

「漱石悶々(もんもん) 夏目漱石最後の恋 京都祇園の二十九日間」

220円〜

購入手続きへ

映像一覧