名探偵コナン 工藤新一の復活!~黒の組織との対決(コンフロンティション)~

販売終了未定

黒の組織に毒薬を飲まされ、体が小さくなってしまった高校生探偵の工藤新一は、江戸川コナンと名乗って身を隠し、黒の組織の情報を追っていた。彼の正体を知っているのは阿笠博士(田山涼成)と、同級生の灰原哀だけ。実は哀は黒の組織の一員・宮野志保(香椎由宇)で、新一の体を小さくした毒薬の開発者だった。だが姉を殺され、組織から逃げるため自らその薬を飲み、小学生の哀として身を隠していたのだ。彼女は密かに解毒剤の研究を続けていた。鈴木財閥が新しいホテルを完成させ、その披露記念として「ミス・ジャパネスク受賞祝賀パーティー」を行ない、生中継されることになった。友人である鈴木財閥の娘・園子に招かれたコナンと、新一の同級生で、探偵・毛利小五郎(陣内孝則)の娘・蘭、阿笠博士、哀も招待客として出席していた。そんな中、ミス・ジャパネスクの寿かれんに脅迫状が届く。かれんの姉でマネジャーの美々(西尾まり)は不安を募らせる。 不安を覚える蘭は、新一の携帯に助けを求めるメッセージを入れる。 一方、会場でケーキを食べたコナンと哀の体に異変が起こる。ケーキには、一時的に体が元に戻るある種のアルコール成分が含まれていたのだ。 その頃、ステージ裏では祝賀パーティの準備が進んでいた。わがままなかれんは、準ミスの2人が自分より目立たないよう、衣装を着替えさせたり、舞台監督の天野(川岡大次郎)には、自分がもっと目立つように急遽段取りを変えさせたり、やりたい放題だ。かれんと男女関係にある審査委員長の三浦(佐戸井けん太)も、そんな彼女を黙認していた。 セレモニーの休憩時間にかれんの姿が忽然と消え、大騒ぎになる。 本番3分前、ADの原田は、予定通り舞台の奈落にかれんがいるのを確認する。 いざ本番が始まり、奈落からせり上がったかれんの体が、操り人形のように空中に吊り上げられると、招待客らは騒然となる。それは胸にナイフが突き刺さったかれんの遺体だった。次の瞬間、ロープが切れて彼女の体は舞台に叩きつけられる。 そのとき会場にいた志保の姿を、カメラがはっきり捉えた。その映像を、彼女を血眼で捜す黒の組織のジン(佐々木蔵之介)が見ていた。事件の一報を受けた警視庁捜査一課の目暮警部(伊武雅刀)が会場に駆けつけ、殺害推定時刻にアリバイがない美々、三浦、準ミスの澄香と鏡美、天野の5人が集められた。実は5人はそれぞれかれんに恨みを抱いており、殺害の動機があったのだ。 そんなさなか、志保は危険も省みず会場にとどまり、解毒剤開発のために、ケーキからアルコールのサンプルを採取しようとしていた。新一はすぐに会場から逃げるよう説得するが、志保は言うことを聞かない。そこへ蘭がやってくる。いつも音信不通の新一にやっと会えたことを喜ぶが、志保との親密な様子にショックを受ける。やがて会場に黒の組織が現れ、志保の身に危険が迫る。

名探偵コナン 工藤新一の復活!~黒の組織との対決(コンフロンティション)~

330円〜

購入手続きへ

映像一覧

キャスト

工藤新一
小栗旬
毛利蘭
黒川智花
宮野志保
香椎由宇
鈴木園子
岩佐真悠子
阿笠博士
田山涼成
天野翔一
川岡大次郎
寿美々
西尾まり
寿かれん
奈都紀
安倍澄香
大友みなみ
川田鏡美
峰えりか
三浦大吾
佐戸井けん太
ジン
佐々木蔵之介
目暮警部
伊武雅刀
毛利小五郎
陣内孝則

スタッフ

原作
青山剛昌(名探偵コナン 小学館「週刊少年サンデー」連載中)
脚本
渡邉睦月
音楽
大野克夫
企画
諏訪道彦
制作
小石川伸哉
チーフプロデューサー
田中壽一
プロデューサー
国本雅広、宮川晶
演出
岡本 浩一
制作協力
ケイファクトリー
制作著作
ytv

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
サスペンス・ミステリー
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す