無理な恋愛 #9 彼女の父は同じ年

販売終了未定

いよいよ正午(堺正章)がプロデュースする新人バンド・ZUKANのCDデビューが明日に迫った。営業からはZUKANに予算を掛け過ぎだと言われるが、正午は自分の勘を信じてほしい、自分が責任を取ると言って押し切る。 かえで(夏川結衣)のアパートでは、かえでと律子(鈴木砂羽)が出演したドラマの放送を見ようと、かえで、律子、龍彦(徳井義実)、水田(福田充徳)の4人が集まっていた。正午も打ち合わせを終え、オフィスで放送を心待ちにしていた。放送が終わり、かえでの幸せそうな表情を見た龍彦は、自分はかえでを幸せにできるのかと疑問を抱き始める。そんな龍彦に、水田は映画を撮るために自分で脚本を書いたが、どうしても面白くならないので、読んで意見してほしいと依頼するが、龍彦はあまり気乗りしない。 その晩、正午はCD発売前の不安を解消するためにバーに寄り、そこで知り合った同い年の男と一緒に飲むことに。なんとそれはかえでの父・幹二(前田吟)だった。2人は意気投合し、互いの素性を知らないまま話に花が咲く。若さの秘訣は恋と仕事で、現在36歳の女性に恋をしていると告げる正午に、幹二も以前、部下の女性に恋をしたことがあると打ち明ける。だが帰りがけに名刺交換をした2人は、互いの素性が分かり気まずい空気に包まれる。 翌日、龍彦は正午の会社を訪ねる。自分はかえでのことを本気で好きだが、何も持っていない自分と、経済力や地位や名誉を持っている正午と、どちらがかえでを幸せにできるのかと言い出す。自信喪失気味の龍彦に正午は…。

#9 彼女の父は同じ年

330円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

キャスト

堺正章
夏川結衣
徳井義実
青木さやか
田中圭
福田充徳
永田彬
スザンヌ
小嶋陽菜
ムッシュかまやつ
尾美としのり
鈴木砂羽
夏木マリ
坂口憲二

スタッフ

脚本
岡田惠和
演出
塚本連平 小松隆志 植田尚
プロデューサー
安藤和久(関西テレビ) 東城祐司(MMJ) 浅井千瑞(MMJ)
音楽
仲西匡 瀬川英史
主題歌
「忘れもの」堺正章(ビクターエンタテインメント)
劇中歌
「サイケなハート」ザ・レインドロップス(ビクターエンタテインメント)
制作
関西テレビ MMJ

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
恋愛・ラブストーリー
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)関西テレビ/MMJ

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す