鬼嫁日記 いい湯だな #10 私は罪な人妻なのよ!

販売終了未定

山崎早苗(観月ありさ)の寝ている間に、ネットでグラビアアイドルのページを見ていた一馬(ゴリ)。それを発見し、さらに最近は自分のことを"ママ"と呼ぶ一馬に不満を募らせる早苗。そんな折、早苗は「竜乃湯」前で男性・田辺(松田悟志)に声を掛けられる。寺の場所を尋ねられただけだったが、去り際に「ブラウスが似合っている」と褒められたことに上機嫌になる早苗。後日、田辺が「竜乃湯」にやってきた。偶然ロビーにいた早苗と挨拶を交わすと、再び服装や髪型を褒める田辺。それを見た一馬は顔をしかめる。さらに、田辺の忘れた財布を届けるべく小走りに飛び出して行く早苗を見て、一馬はおもしろくない。一方、財布を受け取った田辺は早苗に「もう1度会って欲しい」と言ってきた。早苗が「ビューティ・タカオカ」で田辺との一部始終を高岡久美(鈴木砂羽)に話していると、会話の一部だけを聞いていた健作(高知東生)が一馬に告げ口をした。焦った一馬は、早苗に田辺のことを追及する。最初から会うつもりはなかった早苗だが、一馬の口調に売り言葉に買い言葉でつい「会う」と言ってしまう。すっかりふてくされた一馬は健作に誘われるままに竜五郎(加藤茶)とキャバクラに行く。しかし気分が晴れることもなく、健作が浮気をそそのかすがその勇気もない。結局、「早苗に惚れ直させる以外に田辺と会うことを阻止する手立てはない」と竜五郎にアドバイスされて、いろいろ挑戦してみる一馬だが効果は皆無だった。数日後、早苗は買い物の途中でばったり田辺と出くわす。一方的にしゃべり出した田辺の話を聞くことになった早苗だが、2人で会話しているのを「宝永堂」の倉田重蔵(深見亮介)が目撃していた。重蔵がそのことを竜五郎に話しているのを聞いた一馬は、再び追及する。しかし、話したことは認めても内容を言おうとしない早苗に、一馬はますます不安を募らせる。「竜乃湯」の定休日。人目を気にするように出かける早苗の後をこっそりとつける一馬と竜五郎。早苗が向かったのは陽光院(野際陽子)の寺だった。寺の前で田辺と合流すると境内に入っていく2人。不安ではあるものの、境内には陽光院がいることで少し安心する一馬。しばらくすると2人は出てきたが、入れ違いにどこかに出かけていた様子の陽光院が寺に戻ってきた。境内で早苗と田辺が2人きりだったことがわかり呆然とする一馬。家に戻ると、早苗がどこかへの電話で「私を連れて逃げて」と話し、続けて陽光院にも電話して「罪を犯してしまった」と告白をする早苗に一馬は…。

#10 私は罪な人妻なのよ!

330円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

キャスト

観月ありさ
ゴリ
蛯原友里
野際陽子
加藤茶

スタッフ

原作
カズマ「実録鬼嫁日記」(アメーバブックス新社)
脚本
尾崎将也
演出
塚本連平 池添博 小松隆志 植田尚
プロデューサー
安藤和久(関西テレビ) 東城祐司(MMJ) 布施等(関西テレビ)
音楽
仲西匡
主題歌
「Again」谷村奈南(SONIC GROOVE)
挿入歌
「ブランケット」ナナ・イロ(R and C Ltd.)
制作
関西テレビ MMJ

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
コメディ
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)関西テレビ/MMJ

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す