鬼嫁日記 いい湯だな #7 まどかを塾に入れるのよ!?

販売終了未定

山崎早苗(観月ありさ)に命令され、陽光院(野際陽子)の寺を訪ねた一馬(ゴリ)と竜五郎(加藤茶)。もうすぐ竜五郎の亡くなった妻の3回忌があり、法事の打ち合わせのためだ。同じ頃、「ビューティ・タカオカ」では早苗が高岡久美(鈴木砂羽)から小学1年生の息子・真人(渡邉奏人)を中学受験に備えて塾に入れようと思っていると聞き驚いていた。その夜、まどか(遠藤由実)に塾に行く気があるかを聞いてみる早苗。しかし、その脇で小さい頃いかに勉強が嫌いだったかを笑って話す一馬と竜五郎。怒った早苗は、まどかが自ら塾へ行きたいと言うようになる家庭環境を作るため2人を鍛えなおすと宣言する。翌日から、一馬と竜五郎に仕事の合間に抜き打ちでテストを行う早苗。小学生用の問題にもかかわらず散々な結果の2人。呆れた早苗は間違えるたびに夕飯のおかずを1品減らすことにし、まどかの前では知性と教養に溢れた会話をするように言い渡す。どんよりと落ち込み夕食時の会話がなくなってしまう2人。しかし、一馬はまどかが塾へ行けばこの状況を脱出できると考え、まどかをカフェに連れ出す。そこでパフェをごちそうして、塾へ行ったらママには内緒で毎日パフェを食べさせると約束する。大喜びのまどかは早苗に「勉強したくなったから塾へ行く」と言うのだった。後日、塾へ行き説明を聞く早苗と久美。塾の方針は、最初は勉強に慣れさせていくという2人が想像していたものとは違い、1年生からビシビシと鍛えていくというもの。さらに塾へ入学するには適性試験に受からなければいけないという。帰宅後、さっそくまどかに塾で渡されたドリルをやらせる早苗。さらに、必死で勉強するまどかに見本を見せるため、一馬と竜五郎へのテストも出題し続けることに。まどかが塾へ行けば状況を脱出できると考えた一馬のもくろみも崩れ、相変わらずテストの成績はサッパリの2人。日々、夕飯のおかずが減っていくことに危機を感じた一馬は…。ある日、早苗と一馬と竜五郎で法事の打ち合わせをしていると、法事の日とまどかの塾の試験日が重なっていることに気づく。どちらも変更できないとなると、法事を欠席させると言い出した早苗と一馬。妻がまどかをどれだけかわいがっていたかを知っている竜五郎は残念そうだが…。

#7 まどかを塾に入れるのよ!?

330円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

キャスト

観月ありさ
ゴリ
蛯原友里
野際陽子
加藤茶

スタッフ

原作
カズマ「実録鬼嫁日記」(アメーバブックス新社)
脚本
尾崎将也
演出
塚本連平 池添博 小松隆志 植田尚
プロデューサー
安藤和久(関西テレビ) 東城祐司(MMJ) 布施等(関西テレビ)
音楽
仲西匡
主題歌
「Again」谷村奈南(SONIC GROOVE)
挿入歌
「ブランケット」ナナ・イロ(R and C Ltd.)
制作
関西テレビ MMJ

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
コメディ
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)関西テレビ/MMJ

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す