鬼嫁日記 いい湯だな #6 主婦の味方を応援するのよ!

販売終了未定

山崎早苗(観月ありさ)、秋山ユリ(蛯原友里)、まどか(遠藤由実)が「宝永堂」で談笑していると、選挙を間近に控えた桜沢美咲(川島なお美)の演説が聞こえてきた。女性や主婦の社会進出を訴える美咲の演説に聞き入る早苗。そんな早苗に美咲から選挙運動を手伝って欲しいと申し出があった。美咲から政策や説明を聞き、社会に参加するいい機会だと勧められた早苗は、選挙運動員の1人としてウグイス嬢を引き受けることに。張り切る早苗は一馬(ゴリ)や竜五郎(加藤茶)にもあちこちの家庭へ電話をして美咲への投票をお願いするようにと電話帳を渡す。反論の余地もなく、渋々と引き受ける2人。翌日から本格的に選挙運動を手伝い始めた早苗。選挙カーに乗って美咲への支援を呼びかけるが、一馬や竜五郎は手当たりしだいに電話するもうまくいかずだらけ始めていた。そこへ高岡健作(高知東生)が筋トレマシンで運動しながらやってきた。マシンをパソコンの懸賞サイトで当てたと聞き、興味を持つ一馬。そんな中、町で美咲の対立候補者の吉岡信三(不破万作)が演説を行っているのが聞こえた。名前を見た竜五郎は、吉岡が小学校の同級生だったことを思い出す。演説終了後、吉岡と共に「宝永堂」に行く一馬と竜五郎。そこで、女性が強くなって社会進出するよりも伝統的な家庭を大切にするような政策を推進したいという吉岡の言葉を聞き、2人はすっかり取り込まれてしまう。同じ頃、寺では美咲が陽光院(野際陽子)に夫との離婚の相談をしていた。連日の選挙運動と主婦業の両立で早苗は疲れ気味。一馬と竜五郎は早苗に隠れて完全に吉岡派に乗り移っていた。家庭への電話では吉岡を勧め、進藤祐介(山本裕典)まで取り込み友達にも吉岡を宣伝するようにお願いする一馬。ある日、美咲が離婚の危機にあることがインターネットで公開される。夫婦が仲良く協力し合い、家庭と仕事をきちんと両立させていることをアピールし続けていた美咲には大きなダメージだ。真偽を確かめるため早苗が美咲の選挙事務所を訪ねると、応援していた女性運動員たちが次々と怒って帰ろうとするところだった。インターネットの情報が本当なのか尋ねる早苗に無言の美咲。早苗も「嘘をついていたのはがっかりです」と言葉を残し美咲のもとを去ってしまう…。

#6 主婦の味方を応援するのよ!

330円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

キャスト

観月ありさ
ゴリ
蛯原友里
野際陽子
加藤茶

スタッフ

原作
カズマ「実録鬼嫁日記」(アメーバブックス新社)
脚本
尾崎将也
演出
塚本連平 池添博 小松隆志 植田尚
プロデューサー
安藤和久(関西テレビ) 東城祐司(MMJ) 布施等(関西テレビ)
音楽
仲西匡
主題歌
「Again」谷村奈南(SONIC GROOVE)
挿入歌
「ブランケット」ナナ・イロ(R and C Ltd.)
制作
関西テレビ MMJ

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
コメディ
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)関西テレビ/MMJ

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す