鬼嫁日記 いい湯だな #1 なんで大画面テレビがほしいのよ!

販売終了未定

都心に建つマンションの一室。部屋に掃除機をかけていた山崎早苗(観月ありさ)は、家中に不自然なほど落ちている大画面テレビのチラシを見て、マンション1階にある銭湯「竜乃湯」で営業前の清掃をしている夫・一馬(ゴリ)に電話をかけた。大画面テレビが欲しいと訴える一馬の見え透いたやり方に怒り、却下を言い渡す早苗。「竜乃湯」は一馬の実家で、母の亡き後、父・竜五郎(加藤茶)が1人で経営していたが一馬が脱サラして手伝うことになり、1ヶ月前に家族ごとマンションの2階へ引っ越してきたばかり。電話を切られた一馬とバイトの進藤祐介(山本裕典)が仕事をしていると、仕事をサボっていた竜五郎が現れた。一馬の早苗に対する情けない態度を責める竜五郎は、自分が代わりに早苗にビシっと言ってやると豪語する。早苗が近所の「ビューティ・タカオカ」で、客の散髪をしている高岡久美(鈴木砂羽)と世間話をしていると、久美の息子・真人(渡邉奏人)と一緒に娘のまどか(遠藤由実)が学校から帰ってきた。その間に久美の目を盗み、夫の健作(高知東生)が店のお金をくすねて遊びに行ってしまう。それを知りながら何も言わない久美に呆れる早苗。一方、開店した「竜乃湯」では一馬が常連客から、近所で人気モデルの秋山ユリ(蛯原友里)を見かけたと聞き、ひと目見たさに店を飛び出す。慌てて一馬を追いかける早苗だが一馬を見つけられず、通りかかった尼僧の陽光院(野際陽子)に日曜に行われる法話へ一馬と竜五郎を連れて行くと宣言する。夕食時、映りが悪くなったテレビ画面を見ながらさりげなくテレビ購入をすすめる竜五郎だが早苗は聞く耳を持たない。一馬が援護しようにも即却下。逆に早苗に日曜の法話に行くように言われシュンとなる男2人。後日、「ビューティ・タカオカ」を訪ねていた早苗。すると女性区議会議員の桜沢美咲(川島なお美)がやってきた。美咲は、早苗が専業主婦と聞くやいなや、「さぞかし肩身の狭い思いをしているでしょう」と勝手に同情し始めた。しかし美咲の発言に、さっぱり意味のわからない早苗は首をひねるばかり。一方、「竜乃湯」のテレビで、ある企業が粉飾決算をしていたというニュースを見ていた一馬はあることを思いつく。早苗には懸賞で当たったことにして、毎日の売り上げから少しずつお金を抜いて貯まったお金で大画面テレビを買おうというのだ。竜五郎にも相談し、その日から一馬と竜五郎の二重帳簿大作戦が始まるが…。

#1 なんで大画面テレビがほしいのよ!

330円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

キャスト

観月ありさ
ゴリ
蛯原友里
野際陽子
加藤茶

スタッフ

原作
カズマ「実録鬼嫁日記」(アメーバブックス新社)
脚本
尾崎将也
演出
塚本連平 池添博 小松隆志 植田尚
プロデューサー
安藤和久(関西テレビ) 東城祐司(MMJ) 布施等(関西テレビ)
音楽
仲西匡
主題歌
「Again」谷村奈南(SONIC GROOVE)
挿入歌
「ブランケット」ナナ・イロ(R and C Ltd.)
制作
関西テレビ MMJ

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
コメディ
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)関西テレビ/MMJ

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す