アンフェア #11 今夜すべての真相が!

販売終了未定

「バツマーク連続殺人事件」の容疑者として、指名手配される和夫(香川照之)。雪平(篠原涼子)は、和夫が管理人を務める復讐サイトにアクセスして和夫を呼び出すが、和夫は自分がそんなことをするわけがないと、否定。そして、突然、雪平に向かい銃を構える。その瞬間、雪平は銃を抜き、和夫の心臓をめがけて引き金をひく。銃弾に倒れた和夫は起き上がらない…。連続殺人事件の容疑者として和夫が指名手配されたことが、マスコミでも大きく取り上げられると、管理官・山路(寺島進)は、「もし、佐藤が犯人じゃなかったら、どうするつもりだ?」と小久保(阿部サダヲ)に尋ねる。小久保は、「ご心配なく。間違いなく、佐藤が犯人ですから」と自信をのぞかせる。その頃、図書館で調べ物をしていた安藤(瑛太)は、和夫の元部下・今井(榊英雄)に声をかけられる。「佐藤デスクのこと、何かつかんでいるんでしょ?」という今井に、安藤は「こっちが知りたいくらいですよ」とそれを否定する。雪平は、これまでの"小説型予告殺人""募金型身代金要求事件""バツマーク連続殺人事件"の3つの事件の犯行動機が、雪平への個人的な恨みを晴らすための復讐ではないかと聞かされ衝撃を受ける。犯人は用意周到に雪平を落としいれ、雪平から愛するものを奪うことを目的にしていたというのだ。その本当の黒幕とは誰なのか?雪平をそこまで恨む犯人の秘められた過去とは?雪平は真犯人と対峙するため、最後の危険な賭けに臨むことを決意する。自分の父親が亡くなった場所に未だ見ぬ犯人を呼び出した雪平が、拳銃を向けた相手とは?つながりの見えなかったすべての事件の驚くべき結びつきと、決して解かれることのなかった謎、そして「アンフェアなのは誰か?」という不条理をかみ締め続けていた犯人の言葉の本当の意味が、今、明らかになる――。

#11 今夜すべての真相が!

330円〜

購入手続きへ

映像一覧

キャスト

篠原涼子
瑛太
阿部サダヲ
濱田マリ
志賀廣太郎
加藤雅也
木村多江
寺島 進
香川照之
西島秀俊

スタッフ

原作
秦建日子『推理小説』(河出書房新社)
脚本
佐藤嗣麻子
演出
小林義則(共同テレビ) 高橋伸之(共同テレビ) 植田泰史(共同テレビ) 根本和政(共同テレビ)
プロデューサー
吉條英希(関西テレビ) 稲田秀樹(共同テレビ)
音楽
住友 紀人
主題歌
伊藤由奈「Faith」(ソニー・ミュージックレコーズ)
制作
関西テレビ 共同テレビ

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
警察・刑事
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)秦建日子/河出書房新社/関西テレビ/共同テレビ

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す