白い春 #11 本当のお父さん

販売終了未定

パン屋をやめるという春男(阿部寛)を引き留めようとして追いかけたさち(大橋のぞみ)だが、春男はさちを振り切り、行ってしまう。落ち込んださちを偶然見つけた栞(吉高由里子)は、その様子を見かねて「おじさんは、さっちゃんのお父さんなんだよ」と切り出してしまう。 パン屋を辞めた理由を帰ってきた春男に聞く栞だが、春男は自分がいたら親子の邪魔になるだけだと話す。栞はワッフル屋を一緒にやろうと声をかけるが春男はそれを断りつつも、栞と勇樹(遠藤雄弥)に心配してくれたお礼を言う。 一方、康史(遠藤憲一)はさちに、出て行った春男を引き留めるのはかえって迷惑なんだと優しく諭す。意外にも素直にうなずくさちに少し驚きながらも安心する康史と佳奈子(白石美帆)。そして康史はおじさんが喜ぶからと言い、海にも行こうと約束もする。しかし部屋に戻ったさちは、栞の言葉を思い返していた…。 数日後、さちと康史は海に来ていた。喜んで砂浜を走るさちを見る康史も笑顔だ。やがて砂浜に座り春男からもらった水彩画セットで絵を描き始めるさち。康史はそんなさちを見ながら、こうしてゆっくりと親子の時間が過ごせたことを喜ぶ。 春男はいつかの定食屋で、住み込みで働き始めていた。友人の田所(柴田次郎)と一緒に定食屋に来ていた竜也(デビット伊東)は、春男が真面目に働いている姿を見て嬉しそうだ。竜也は仕事があると先に帰るが、田所と話しているうちに春男は竜也がスナックを開店させたのが9年前であることを知る。資金はヤバイ金だったかもと冗談めかして話す田所に、組から支払われているはずのお金が真理子(紺野まひる)に渡っていなかったことを思い出す春男。その夜、春男は竜也のスナックを訪ね、真実を確かめようとする…。

#11 本当のお父さん

330円〜

購入手続きへ

映像一覧

キャスト

阿部 寛
大橋のぞみ
吉高由里子
遠藤雄弥
紺野まひる
デビット伊東
白石美帆
遠藤憲一

スタッフ

脚本
尾崎将也
演出
三宅喜重
プロデューサー
安藤和久(関西テレビ) 吉條英希(関西テレビ) 東城祐司(MMJ) 伊藤達哉(MMJ)
音楽
仲西匡
主題歌
阪井あゆみ「横顔」(EMI Music Japan)
制作
関西テレビ MMJ

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
ホームドラマ
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)関西テレビ MMJ

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す