マスターズ・オブ・セックス シーズン4 第07話

まで販売しています

マスターズはヘレンの死に責任を感じるスカリーを慰める。バージニアはアートと話し合い、人間関係のもつれを解消するためにアートはナンシーと、バージニアはマスターズとチームを組むことを提案する。マスターズがその提案を受け入れるか疑問に思いながらも、アートはクレイバモア夫妻を担当させてくれるなら、と条件つきで話に乗る。しかしバージニアがマスターズに話をすると、マスターズは新たな解決法を示した。彼は自分とアート、バージニアとナンシーがチームを組めばいいと言うのだった。そんなマスターズは、30年前の医学校時代に求婚した相手のドディ・オリバーとなぜ破局することになったのか、その真相を知りたがっていた。ナンシーと組んだバージニアは、新患であるフレミング夫妻のウソを感じ取る。彼女が電気ショック療法を提案すると、2人は性のセラピストなのだと白状する。彼らは自分たちの診療所を開業するために、マスターズ&ジョンソンの手法を調査に来たのだった。都市圏だけで他に3軒の性の診療所があると知ったバージニアは、自分たちの治療法が詐欺に使われないよう対処する必要があるとマスターズに説く。一方、マスターズは断酒の集会の世話人であるルイーズの訪問を受け、彼女の夫ジェームズの性不全治療を求められる。ジェームズは飲酒運転による事故で下半身不随になっていた。ルイーズは彼に、マスターズが何件も神経機能の回復に成功していると偽って話す。ルイーズが私的な事情を他人に話したことに不満を感じながらも、ジェームズは治療を受けることに賛同する。アートは同性愛に関する知識を買われ、マスターズにボブ・ドラッグの治療を任される。ベティはヘレンの両親から子供の親権を手に入れるため、オースティン・ランガムに協力を依頼する。バージニアとナンシーは「パートナーとは」と銘打たれたセミナーに参加し、バージニアの父親に遭遇する。彼は妻との性関係の改善を求めて参加しており、相手交換に興味を持っていた。ドラッグが同性愛者から異性愛者へ転換させられようとしているとギーはスカリーに訴えるが、アートとマスターズはそれを否定し、同性愛者に関する研究を立ち上げる。ドディに会いに行ったマスターズは、彼女の夫であるネイサンに、30年前に彼女を捨てたと言って非難される。ジェームズは何も感じないと言ってルイーズとの性行為を拒否し、ルイーズは失望のあまり断っていた酒に手を伸ばす。バージニアは、近隣で増えている怪しげな性の診療所の実態を暴くべきだとマスターズを説得する。

第07話

220円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

キャスト

ウィリアム・マスターズ医師
マイケル・シーン
バージニア・ジョンソン
リジー・キャプラン
リビー・マスターズ
ケイトリン・フィッツジェラルド
ベティ・ディメロ
アナリー・アシュフォード

スタッフ

監督
コリン・バックシー
脚本
ミシェル・アシュフォード

タイトル情報

ジャンル
ドラマ海外ドラマ
作品タイプ
社会派
製作年
製作国
アメリカ
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) 2016 Sony Pictures Television Inc. and Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す