マスターズ・オブ・セックス シーズン4 第06話

まで販売しています

バージニアは2冊目の本の出版が決まったことを祝おうとマスターズのアパートに行くが、マスターズはそそくさとその場を後にし、昔の自宅へリビーに会いに行く。二人は前の週に快楽にふけったばかりだった。新しい相手とデートをする予定のリビーは、マスターズにもそうするよう勧める。マスターズがアパートへ戻ると、部屋の前でリトル・ブラウン社のボブ・ドラッグが待っていた。彼は勃起不全の治療をしてほしいとマスターズに頼み込む。バージニアが職場に戻ると、アートが残業をしていた。ナンシーは大学時代の友人と過ごしているという。ヘレンは、自分とベティとの関係を両親が認めないことを受け入れたとベティに語った後で破水する。スカリーは診療所の全ての会話が録音されていることを相談してきたナンシーに心配しないよう告げ、ヘレンの出産に向かう。ナンシーとアートが勝手に重要案件を受けたことについて不満を抱いていたバージニアは、マスターズチームがドラッグと婚約者の面談をしている場面に遭遇する。彼女は、ドラッグの勃起不全は彼が同性愛者であることに起因するのではないかと考え、自分とマスターズが組んでドラッグを面談するべきだと主張する。最初は同性愛者ではないと言っていたドラッグだったが、少年時代に寄宿学校の同級生と性行為に及んだことを告白し、求める気持ちを忘れさせてほしいとマスターズたちに言う。ケラーは顧客との重要な夕食会の予定が急に入ったため、リビーとのデートを延期しようとするが、リビーは受け入れず、ヌーディスト村での夕食会に同行することにする。夜遅くまで顧客と話し込み、そのまま泊めてもらうことになった2人だったが、ヤる気満々のリビーにケラーはブレーキをかける。真夜中にこっそり全裸で屋外を散歩したリビーは、キャビンに戻ってからケラーと愛し合う。ヘレンが帝王切開を受けることになると聞いたベティは、マスターズに電話で相談する。アートとセックスして以来ナンシーを敵視していると迫られたバージニアは、アートを呼び、パーティの夜に何があったかを説明させる。アートは2人がセックスしなかったことをおどおどと認めるが、後にナンシーにはセックスしたと言い、架空のバージニアとのセックスをナンシーと再現する。バージニアはどんなパーティか気づいた時点で去るべきだったと認めるが、あの夜があったおかげで、マスターズとの関係を復活させたい自分の思いに気づいたとマスターズに告白する。バージニアは以前よく密会していたホテルで一夜を過ごそうとマスターズに持ちかけるが、拒否されてしまう。ベティと一緒に分娩室へ入ったマスターズは、出血が止まらないヘレンの処置をするスカリーを急きょ補助する。しかし彼らはヘレンの命を救うことはできなかった。新生児室へ向かったベティだったが、ヘレンの両親が先に到着しており、彼らから入室禁止だと告げられる。

第06話

220円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

キャスト

ウィリアム・マスターズ医師
マイケル・シーン
バージニア・ジョンソン
リジー・キャプラン
リビー・マスターズ
ケイトリン・フィッツジェラルド
ベティ・ディメロ
アナリー・アシュフォード

スタッフ

監督
コリン・バックシー
脚本
ミシェル・アシュフォード

タイトル情報

ジャンル
ドラマ海外ドラマ
作品タイプ
社会派
製作年
製作国
アメリカ
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) 2016 Sony Pictures Television Inc. and Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す