マスターズ・オブ・セックス シーズン4 第01話

まで販売しています

リビーに家を追い出されたマスターズがモーテル暮らしを始め、バージニアがラスベガスでダン・ローガンとのハネムーンを演じている間、ベティは診療所に押しかける不満顔の患者たちやイライラしている債権者や令状送達人をやり過ごし、2人の留守を守っていた。ローガンに去られたバージニアはバーテンダーと一夜を過ごし、ある博士がセックス療法のコラム本を宣伝している場面に遭遇する。彼はバージニアとマスターズに師事したと経歴を偽っていた。バージニアはその場にいた自分のファンに素性を見抜かれ、自分もコラムを書いてみようかと思いつく。一方マスターズは飲酒運転中の事故で逮捕され、裁判所に断酒会でリハビリをするよう命じられる。自身もアルコール依存症から回復中であるルイーズ・ベルは、マスターズの面倒を見ようと心に決める。独立することを決心したバージニアは、プレイボーイ誌の発行者ヒュー・ヘフナーと連絡を取り、月に1度 性に関するコラムを書かせてほしいと提案する。しかし彼女がマスターズ不在のままシカゴに到着すると、ヘフナーは2人が分裂したと知って驚く。仕事に復帰しようと診療所へ向かったマスターズは、リビーが離婚訴訟の準備をしていることを知る。診療所ではデールとダーリーンのコノリー夫妻が性生活の手助けを待っていた。ベティに背中を押されたマスターズは、デールの性不全の原因は彼が靴へのフェティシズムを隠していることだと見通す。しかしベティがバージニアの代わりを務めようとすると、これを拒否する。リビーは意識覚醒を目的とする女性グループに参加する。バージニアはヘフナーを乗り気にさせたと自負するが、彼の秘書であるモードに、ヘフナーを注目させたければコラム第1号を書いてみるよう勧められる。しかしヘフナーはバージニアとマスターズの仲を修復させようと、シカゴにマスターズを呼んでしまう。前の関係には戻れないと認め合った2人は、それぞれが診療所で仕事を続けられるよう、新しい関係を築こうと宣言する。

次の映像

映像一覧

キャスト

ウィリアム・マスターズ医師
マイケル・シーン
バージニア・ジョンソン
リジー・キャプラン
リビー・マスターズ
ケイトリン・フィッツジェラルド
ベティ・ディメロ
アナリー・アシュフォード

スタッフ

監督
コリン・バックシー
脚本
ミシェル・アシュフォード

タイトル情報

ジャンル
ドラマ海外ドラマ
作品タイプ
社会派
製作年
製作国
アメリカ
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) 2016 Sony Pictures Television Inc. and Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す