THE TUDORS~背徳の王冠~ シーズン2 第3話 王妃アン

まで販売しています

ブランドンがアンに対して快く思っていないことで、ブランドンの従僕とブーリンの従僕が諍いを起こした。ブランドンの従僕ペニントンは教会の中へと逃げるが、勢い余ったブーリンの従僕に殺されてしまう。この事件についてブランドンはブーリンの責任だと告げ、ブーリン家に対する憎しみをさらに増す。 アンはヘンリーの子を身ごもり、腹もせり出してきた。医者や占い師にも生まれてくるのは男だと太鼓判を押され、ヘンリーと共に世継ぎの誕生を心待ちにする。 ヘンリーはアンとの結婚を進めるべく、クランマーをカンタベリー大司教に任命した。ローマ法王パウルス3世はクランマーが異端のルター派であることを知りながらも、無名の聖職者であるクランマーを軽視し、叙任を認可する。ヘンリーはローマ法王に恩義を受けていることなど意に介せず、大司教となったクランマーにとうとう正式に教会から結婚無効を宣言させた。 キャサリンとの結婚無効が確定したヘンリーは、早速アンと内々に結婚式を執り行う。キャサリンにもそのことが伝えられ、今後王妃を名乗ることは禁じられた。生活費支給の差し止めや、娘メアリーとの面会も許されなくなることを言い渡されたが、キャサリンは何があろうと王妃を名乗り続けると言う。その毅然とした姿を見たブランドンは深く感銘を受けるのだった。 ヘンリーとアンの結婚はクランマーにより合法と認められた。それを聞いた法王はヘンリーを非難し、キャサリンと復縁しなければローマ教会から破門するとの通告を突きつける。その後、法王はブレアトンをイエズス会士に加え、異端を撲滅すべくイングランドに戻るよう要請した。ブレアトンは結婚パレードで再びアンの暗殺を試みアンとヘンリーの乗る馬車を狙って発砲するが、別の人物に命中し暗殺は失敗する。パレード自体は活気もなく閑散としたものだったが、アンの戴冠式は滞りなく終了し正式に王妃となった。トマス・モアは大法官を辞職したあと、キャサリンを擁護すべくフィッシャーやチャプイスとともに策を練っていた。身の危険を感じながらもキャサリンに直接会って慰め、キャサリンのために支持者を集めていると伝える。アンはいよいよ出産の時となった。男子が産まれることを疑わないヘンリーは祝宴の用意をさせる。しかしあろうことか、待望の我が子は女児だった。落胆したヘンリーは、夜の営みを妊娠中のアンに拒まれていたこともあり、宮廷で見かけた貴婦人と一夜を共にするのだった。

第3話 王妃アン

220円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

キャスト

ヘンリー8世
ジョナサン・リース=マイヤーズ
アン・ブーリン
ナタリー・ドーマー
キャサリン・オブ・アラゴン
マリア・ドイル・ケネディ
チャールズ・ブランドン
ヘンリー・カヴィル
トマス・ウルジー
サム・ニール
トマス・モア
ジェレミー・ノーサム
トマス・ブーリン
ニック・ダニング

スタッフ

製作総指揮
モーガン・オサリバン
製作総指揮・クリエイター・脚本
マイケル・ハースト

タイトル情報

ジャンル
ドラマ海外ドラマ
作品タイプ
歴史
製作年
製作国
アイルランド
アメリカ
カナダ
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) 2008 TM Productions Limited and PA Tudors II Inc. All Rights Reserved.

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す