ドイツ科学捜査チーム ~真実を追う者たち~ シーズン2 第5話 オペ中の死

まで販売しています

何の変哲もない通常の手術のはずが、手術中に患者の容体が急変し、死亡した。解剖の結果、本来は患者のアレルギーで使用できないはずのペニシリンを投与したためのショック死であると判断された。調査に赴いたコッホは、その手術の執刀医が、研修時代の知り合いであるゲオルク・ツァイトラーであることを知る。彼は、人間性はともかく手術の腕は評価されていた。カルテに書かれていたはずのアレルギー情報は、なぜ見落とされたのか。出世欲の強い医師ヴィルケが、ツァイトラーを陥れるために意図的に隠したと思われたが、コッホのもとにツァイトラーから連絡があり、彼が別の書類と一緒にカバンに入れてしまったために、見落としていたと言う。ツァイトラーは停職処分となった。一方、レンナーの後任であるイヴォンヌ・ヤーヌスがチームに加入した。医療事故が彼女の専門だという。モーリッツは面識があったが、ヤーヌスの図々しいまでの積極的な姿勢と率直な言動に、残りのメンバーは少々圧倒される。モーリッツとパインは、レンタル菜園で見つかった男性の遺体の調査にあたった。周囲の区画の所有者とトラブルを起こしていた人物だった。死因は感電死だが、凶器になるようなものは近くになかった。調査を進めるうちに、ヤーヌスとベルクマンは、死因が抗生物質のアレルギーではなく、抗生物質よりも前に毒物が投与されたことによるものと分析し、事故ではなく事件だと判断する。毒物を調べた結果、ボツリヌス毒素が検出された。被害者ユルゲン・バルクはいわくつきの弁護士で、ひき逃げで少年を殺してしまったときも、司法関係の人脈を駆使して無罪になったのではないかということが分かった。彼は病院の腎臓移植手術で待機リストの1番目に掲載されており、病院に対して多額の寄付を行っていたことも判明する。果たして、誰がいつ、どうやって、バーグに毒物を投与したのだろうか?

キャスト

ダニエル・コッホ
ハンネス・イェーニッケ
ヴェラ・ベルクマン
アンネ・カトリン・ブーツ
トーマス・レンナー
チャーリー・ヒュブナー
フレデリック・パイン
ミルコ・ラング
カロリン・モーリッツ
テレーゼ・ヘーマー
ラルフ・ブラント
ティロ・ネスト

スタッフ

監督
トーマス・ヤオホ、エルマー・フィッシャー、フロリアン・フロッシュマイヤー

タイトル情報

ジャンル
ドラマ海外ドラマ
作品タイプ
サスペンス・ミステリー
製作年
製作国
ドイツ
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) 2007 CPT Holdings, Inc. All Rights Reserved.

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す