毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル 最期に死ぬ時。

まで販売しています

超人気ドキュメンタリー映画「毎日がアルツハイマー」シリーズがついに完結! 過去2作で「認知症」と「ケア」を描いてきた関口監督が、 最後のテーマに選んだのは、人生の最終章に待ち受ける「死」。 認知症の母との自宅介護生活が5年目に突入した2014年、関口監督は両股関節の痛みが悪化し、入院・手術を受けるこ とになりました。半年の内に2回、リハビリも含め7週間の入院生活を送り、自身も「要支援」がつく身となった関口監 督は、介護「される人」と「する人」は同時に老いていくこと、時を重ねるごとにその線引きがあやふやになっていくこ とを実感します。 時を同じくして、母・ひろこさんが脳の虚血症発作を4回起こし、意識不明で緊急搬送されました。幸い大事には至りま せんでしたが、何も覚えていない母の様子に、関口監督は「この先どのくらい母を支えていけるのだろう?」と不安を覚 え、母の命の責任を負うことについて考えはじめます。 死ぬことを忘れた母にも、 母を介護している私にも、最期の時はやってくる。 もちろん、あなたと、あなたの家族にも。 自身の老いと、母の看取りについて考え始めた関口監督でしたが、ある出会いをきっかけに大きな転機を迎えます。それ は入院中に意気投合し、関口監督が「病棟の母」と慕う山田トシ子さんとの出会いでした。足にできた悪性腫瘍を切除す るために入院していた山田さんは、術後、自宅療養中に脳梗塞を起こし、緩和ケア病院に入院します。彼女を見舞うため、 初めて緩和ケア病院を訪れた関口監督。そして、山田さんはご家族が見守る中、「眠りながら」息を引き取ります。 山田さんの最期に触れ、関口監督は自分自身の「死」を強く意識します。 「死は母だけでなく、自分にもいつか必ずやってくる。」「母は、私は、どうやって死んでいきたいのか?」 死のオプション(選択肢)を求めて、関口監督の新しい旅が始まります。

毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル 最期に死ぬ時。

330円〜

購入手続きへ

映像一覧

キャスト

関口祐加
関口ひろこ
山田トシ子
マーガレット・マカンス
中矢暁美
ヒューゴ・デ・ウァール博士
エリカ・プライチェク博士

スタッフ

企画・製作・監督
関口祐加
撮影
森谷 博
編集
デニース・ハスレム
音楽
ガイ・グロス
追加撮影
エリカ・アディス、関口祐加
編集・プロダクション助手
藤井遼介
イラスト
三田玲子
宣伝デザイン
宮坂 淳
医学監修
新井平伊
協賛
第一三共株式会社
後援
公益社団法人 日本老年精神医学会
製作
NY GALS FILMS
製作協力
リガード
配給・宣伝
「毎アル」友の会、リガード

タイトル情報

ジャンル
映画邦画
作品タイプ
ドキュメンタリー
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)2018 NY GALS FILMS

ジャンルから探す