魚拓・鈴虫の「王が負けた夜に…」 #34

販売終了未定

前回から引き続き癒し人は梅屋シン。前半では今も続いている趣味であった釣り関係の仕事の挫折話からスロット生活の序盤まで話した梅屋。王は何時なく真剣に話を聞いていたのだが、後半に梅屋がある一定ラインの金額借りると「ぐにゃりだす」という発言に、身に覚えがあるのかリアルにぐにゃってしまう!? その後も耳に痛い話が続き、気まり悪く言葉をなくしていく王なのであった…。