ペテロの葬列 第1話 「悪が生まれた瞬間 それは30年の時を経て日本中を巻き込む巨大犯罪となった」

まで販売しています

杉村三郎(小泉孝太郎)は、一大グループ企業・今多コンツェルンの広報室に勤めるサラリーマン。彼の妻・菜穂子(国仲涼子)の父親は、今多コンツェルンのトップに君臨する政財界の重鎮・今多義親(平幹二朗)だったが、杉村は菜穂子、そして娘の桃子(小林星蘭)との平穏な生活さえ守ることが出来れば、十分に満足だった。杉村はグループ広報室で、社内報の副編集長を任されている。上司である編集長の園田瑛子(室井滋)、同僚の手島雄一郎(ムロツヨシ)、椎名遥(岡本玲)をはじめとした社内報『あおぞら』編集部のメンバーや喫茶・睡蓮のマスター水田(本田博太郎)とは、これまでの様々な事件を通じてその絆を深めている仲。また編集部には「ホスト君」というアダ名のついたアルバイトの野本敦弘(犬飼貴丈)、そして本社からの出向社員・井手正男(千葉哲也)など新しいメンバーも増えていた。そんな中、杉村が園田、手島と共に行った、会社の元取締役である森信宏(柴俊夫)の取材帰り、乗り合わせたバスがジャックされてしまう。鳴り響く一発の銃声。事件を起こしたのは一人の老人(長塚京三)。人質となったのは、杉村、園田、手島の他に、金属加工会社を経営する田中雄一郎(峰竜太)、老婦人の迫田とよ子(島かおり)、大学中退の青年・坂本啓(細田善彦)、パティシエ志望のフリーター・前野メイ(清水富美加)、そして運転手・柴野和子(青山倫子)の8人。老人は携帯電話の回収からバスの行き先、人質の抵抗への対処まですべてを周到に準備し、杉村たちに逃げる隙を与えない。そして老人は「警察を呼んでください」と意外な指示を出した上で、人質全員に「後で賠償金をお支払いします」と謎の提案をする。彼の目的は一体何なのか?一方、社内では秘書の橋本真佐彦(高橋一生)、高野千夏(映美くらら)が奔走し、事件の謎は深まっていくばかり。その頃、菜穂子はエスティシャン・間野京子(長谷川京子)と居た。彼女の抱える悩みは、後に杉村をも巻き込んだ問題、大事件へと発展していく。物語は緊迫感の中、殺人や詐欺など二転三転する息をもつかさぬ展開へ。そして、誰もが想像し得なかった衝撃のラストが待ち受ける!!

第1話 「悪が生まれた瞬間 それは30年の時を経て日本中を巻き込む巨大犯罪となった」

330円〜

購入手続きへ

次の映像

映像一覧

キャスト

小泉孝太郎
長谷川京子
国仲涼子
ムロツヨシ
高橋一生
青山倫子
細田善彦
岡本玲
映美くらら
渋川清彦
入山法子
水橋研二
千葉哲也
清水富美加
犬飼貴丈
小林星蘭
西村元貴
島かおり
柴俊夫
金山一彦
安蘭けい
本田博太郎
峰竜太
冨士眞奈美
室井滋
長塚京三
平幹二朗

スタッフ

プロデューサー
十二竜也,那須田淳,鈴木早苗,橘康仁
監督・ディレクター
金子文紀(演出),岡本伸吾(演出),竹村謙太郎(演出),山﨑統司(演出)
原作
宮部みゆき「ペテロの葬列」(集英社)
脚本
神山由美子
音楽
音楽:横山克,主題歌:近藤晃央「心情呼吸」(アリオラジャパン)
制作
TBS

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
サスペンス・ミステリー
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)宮部みゆき/大沢オフィス (C)TBS

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す