ボクの私鉄図鑑 ~函館市電編~

まで販売しています

世界三大夜景で有名な北海道函館市を走る函館市電を紹介する。函館市電は、湯の川から谷地頭および函館どっく前まで10.9km(2系統)の区間を路面電車が走る小さな鉄道路線。昭和20~30年代製造の車両や、観光客向けのチンチン電車「箱館ハイカラ號」などのレトロ車両が走るため、たびたび撮影にも使われている。今回は500形530号に乗って、五稜郭や函館山などの見どころを紹介しながら、のんびりと市内を走っていく。また、車両図鑑では、9600形の「らっくる号」、30形の「箱館ハイカラ號」、ササラ電車(除雪電車)も登場。