35歳の高校生 第11話(最終話)

まで販売しています

3年A組では、亜矢子(米倉涼子)に対する"魔女裁判"が続いていた。正光(菅田将暉)の追及はさらにエスカレート。これまで3Aに起こった事件が記された古いノートを突き付け、事件はすべて亜矢子の自作自演だと責める。亜矢子は無実を訴え、そのノートは亡くなった亜矢子の母・依子(手塚理美)の日記だと明かした。そして「私は…母の日記を現実にするために…この学校に来たの」と、ノートに秘められた真実について語り始めた…。亜矢子の悲しい過去の告白を聞いた生徒たちは言葉を失い、亜矢子を信じるべきなのか迷う。しかし、正光は、阿佐田(渡哲也)のスパイとして、自分の正体をずっと隠し、3Aの生徒たちを使った実験に加担していたと、亜矢子を責め続ける。裁判の途中、休憩を入れた正光は、亜矢子を屋上へ呼び出した。正光は「俺だけには本当のことを話してよ。もう一人、誰かいるんでしょ?」と、これまでの事件を仕掛けたのは亜矢子ではなく、亜矢子が誰かをかばって黙っていることに気付いていた。そこへ突然、阿久津(山﨑賢人)が現れ「全部、僕のしたことだ、君は、調子に乗り過ぎたよ」と、正光の喉元にナイフを突き付けて教室へ向かう。学校中が大騒ぎになる中、阿久津は3Aに起こった事件はすべて自分の仕業だと告白を始めた。そして、胸の内をすべて語った阿久津は「――終わりだ」と、手に持ったナイフに力を入れ、必死で逃げる正光を追い詰める。そして、刺そうとしたその時、正光を庇うように亜矢子が立ちはだかり、阿久津の向けたナイフは亜矢子に突き刺さった―――

第11話(最終話)

330円〜

購入手続きへ

映像一覧

キャスト

米倉涼子
溝端淳平
片瀬那奈
横山めぐみ
升 毅
榎木孝明
渡 哲也

スタッフ

脚本
山浦雅大、高橋悠也
音楽
横山 克
演出
佐久間紀佳、南雲聖一、西野真貴
統括
神蔵 克
チーフプロデューサー
大平 太
プロデューサー
池田健司、秋元孝之、高 明希
制作協力
オフィスクレッシェンド
製作著作
日本テレビ

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
青春・学園
ホームドラマ
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)NTV

ジャンルから探す