アンダーステア 第7話

販売終了未定

弱者と強者。 それは、天が定めた不文律。 だが時に、弱者が強者に勝つ事もある。 本当の強さって、一体何だ? カレラ。それはスペイン語でレース。 即ち闘う事が、こいつの本分。 2008年のマイナーチェンジで、ツーペダルの7速PDKを搭載。 エンジンも伝統のフラット6が直噴へと 進化した911。 46年に亘り、 切れ間なく生産される稀有なモデル。 それはある意味不変。 しかしある意味では、変化し続けた 苦闘の歴史を意味している。 この世に不変のものなどない。 それを証明するのが、911だ。 しかし心には変わらぬ憧憬がある。 それを証明するのも、911だ。 覚えているだろうか。 初めて見た時の記憶。 変なカタチだと思った。 でも、忘れられなかった。 ポルシェというメーカーを知った。 911という車名を覚えた。 いつか…乗りたいと思った。 そのいつかって、一体いつなんだい? 夢のまま、また終わらせてしまうのかい? 人生には、 手に入れられる夢だってあるのに。