立川談志 ひとり会 落語ライブ’92~’93 #4 堀の内

まで販売しています

粗忽者が粗忽をなおそうと堀の内のお祖師様へ向かうが、その道すがら大いに粗忽ぶりを発揮して、周囲の者を混乱させるはめに。,☆家元自薦の一言…この主人公、決して粗忽ではない。全編、全人格、落語というジャンルにおいてのみ生きられる人間の本来の行動の一つの典型なのだ。