立川談志 ひとり会 落語ライブ’92~’93 #3 文七元結

まで販売しています

ばくち好きで怠け者の長兵衛。吉原の女将が娘を担保に五十両を貸してくれることに。その帰り道、身投げしようとしていた文七を助ける。,☆家元自薦の一言…世の中、これを美談と称し、”長兵衛さんの如く生きなければならない…”などど喋る手合いがゴロ○○してケツカル。大きなお世話である。