落語とは、俺である。―立川談志・唯一無二の講義録― #6 落語家のシステム

まで販売しています

落語家になるためには、弟子入り、前座、二つ目、真打と段階があり、立川流はアメリカの大学と同じく、入るのは容易だが卒業<真打>は、なかなか難しいらしい。江戸・明治・大正・昭和、日本の暦、四季、人々の生業、有りと有らゆるものを題材にする落語の世界。全8回の講義の中で最も多くの演目を取り上げ解説する見応えある回。

キャスト

立川談志

スタッフ

エグゼクティブ・プロデューサー
高橋一平(竹書房)
企画
立川談志、牧村康正(竹書房)

タイトル情報

ジャンル
お笑い落語
映画邦画
バラエティ教養
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)談志役場

ジャンルから探す