ハウ・トゥ・グロウ・ア・バンド ~パンチ・ブラザーズの作り方~

まで販売しています

【パンチ・ブラザーズ】2013年、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス~名もなき男の歌』プロジェクトへの参加をきっかけに、日本でも一躍注目を集め始めた超技巧派バンド。2016年8月、奇跡の初来日が決定(8月3日~5日、ブルーノート東京)。またバンドの中心人物クリス・シーリーは、現在アメリカで最長寿の音楽番組とされる国民的ラジオ番組『プレーリー・ホーム・コンパニオン』の新司会者に抜擢されるなど、その活躍も知名度もますます加速中。クリス・シーリーは幼い頃から全米に名を馳せてきた天才ブルーグラス・マンドリン少年だった。わずか8歳でサラ・ワトキンスらとブルーグラス・バンド“ニッケル・クリーク”を結成、1993年にレコード・デビューを果たす。以来、バンドとソロ活動を並行して続け、ドリー・パートン、アリソン・クラウス、ジェリー・ダグラスらカントリー/ブルーグラスのレジェンドから、ヨーヨー・マ、エドガー・マイヤーらクラシック界の重鎮まで、数々の名手たちとも共演を果たし絶賛されてきた21世紀型天才音楽家だ。2012年には米国の若いクリエイティヴな才能に与えられる“マッカーサー・フェロー”(別名“天才賞”)も受賞している。そんなシーリーが、自らの理想の音楽を実現するために結成した究極の超絶技巧ストリング・バンドがパンチ・ブラザーズだ。2006年、シーリーのソロ・プロジェクトのためのバンド“クリス・シーリー&ザ・ハウ・トゥ・グロウ・ア・バンド”として集まったメンバーは、現在の若手の中でも最強クラスの弦楽器奏者ばかり。2011年春、第42回ナッシュビル・フィルム・フェスティバルでプレミア上映された本作品は、そんな彼らが“パンチ・ブラザーズ”と名を改めて本格的なバンド活動を開始し、技巧だけでは得ることのできないオリジナルなサウンドとハーモニーを追求しながら、ジャンルを超越した真の“バンド”へと成長してゆく過程を2年以上にわたって追い続けた貴重なドキュメンタリーだ。2007年にデビュー・アルバム『Punch Brothers』を発表後、音楽的には高い評価を得ながらも未踏のジャンルを確立するために様々な壁にぶつかり、悩み、試行錯誤を繰り返してきた5人のメンバーたち。過酷なコンサート・ツアーを続けながら、バンドのあり方について、あるいは音楽性について、彼らがそれぞれの思いを真摯に告白する様子をカメラは淡々と綴っていく。バンドとは何か?バンドにとって成長とは?音楽ジャンルに関係なく、あらゆるバンド・ミュージックを愛する音楽ファンに伝わるメッセージがここにはある。

ハウ・トゥ・グロウ・ア・バンド ~パンチ・ブラザーズの作り方~

440円〜

購入手続きへ

映像一覧

キャスト

パンチ・ブラザーズ
クリス・シーリー
ゲイブ・ウィッチャー
ノーム・ピクルニー
クリス・エルドリッジ
ポール・コート
グレッグ・ガリソン
ジョン・ポール・ジョーンズ
ヨーヨー・マ
ジェリー・ダグラス
サラ・ワトキンス

スタッフ

監督
マーク・ミアット
製作
マイケル・ボールマン、マーク・ミアット、
編集
パーセル・カーソン、マーク・ミアット

タイトル情報

ジャンル
映画洋画
作品タイプ
ドキュメンタリー
製作年
製作国
アメリカ
イギリス
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)Shaftway Productions

ジャンルから探す