本当にあった怨霊恐怖動画2

まで販売しています

恐怖の投稿動画10連発!呪死覚悟でまたまた解禁!! 注意!!!いくら覚悟があっても、死ぬときは死ぬ!!!! 日常の映像が偶然捉えた「写るはずのないモノ」、「写ってはいけないモノ」の数々。それは霊界から我々に突き付けられた警告なのか?それとも呪いの前兆なのか? (1)お祓い その1 前作が完成した際にマスターテープをお祓いしようとスタッフがあるお寺を訪れるが、住職に断られてしまう。その時からスタッフに起こる不幸な出来事・・・。 (2)トイレ 自殺した女子高生の霊が出ると噂される公衆トイレを、雑誌の企画として実地検証した映像が捉えた血も凍る恐怖。 (3)人形 実家に古くからある人形を、少し気味が悪いからと押し入れに仕舞い込んでしまった投稿者。閉めたはずの押し入れの襖に僅かな隙間が・・・、そして・・・。 (4)深夜の帰り道 投稿者は同僚と忘年会の帰り道、とある踏切に差しかかる。その時、異変を生じた同僚を追う映像に移り込んでしまったものとは・・・。 (5)ストーカー 不審な人物に付け回されていることに悩んでいた投稿者。警察への証拠として彼氏が撮影した映像が捉えたのは、不審者ではなく不気味なものだった。 (6)名所 引っ越してきた街をカメラ片手に散策する投稿者がたどり着いた見晴らしのいい場所。そこはあることで有名な名所であった。 (7)愛犬 引っ越し先で愛犬をビデオに収めようとカメラを向ける女性投稿者。次の瞬間、愛犬の顔がおぞましいものとなっていた・・・。 (8)屋根の上の影 建物の屋根の上に何か踊るような影らしきものを見た投稿者と友人はその場所にいってみるが誰もいない。カメラを友人に向けると、そこには・・・。 (9)女子高校生の肝試し 深夜に通ると黒髪に白い服の女性がどこまでも追いかけてくるという噂のある公園。面白半分で公園へ足を踏み入れた女子高生の携帯が捉えた映像に・・・。 (10)お祓い その2 投稿動画のお祓いを断られてから数か月が経ち、スタッフは再びあの住職への連絡を試みるが、問題の映像を確認した数日後に亡くなったという・・・。

本当にあった怨霊恐怖動画2

330円〜

購入手続きへ

映像一覧