テレビ放送終了後に見逃し配信!

見逃し配信準備中です。配信開始までお待ち下さい。

ウォッチリスト追加で見逃さない!

ウォッチリスト追加

スケジュール

テレビ放送:毎週金曜 22:00~ TBS系
見逃し配信:毎週土曜 12:00~

イントロダクション

TBSでは、4月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で高橋一生主演の『インビジブル』を放送する。普段目にする事故や事件の数々。そして、未解決事件となってしまうものが数々あるが、実はその中には警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”によって行われている犯罪がある。この物語は、そんなクリミナルズを捕らえるため、刑事と犯罪コーディネーターという絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメントだ。
裏社会を牛耳り、あらゆる凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター“インビジブル”。その存在は警察内部でも一部の人間しか知らず、しかもその実像に迫ったことがないゆえに、都市伝説とささやかれていた。そんなインビジブルが突如、自身が関わってきた未解決事件や凶悪犯罪者の情報を提供し、犯人逮捕に協力すると警察に申し出る。条件はたった一つだけ。捜査一課から左遷された刑事・志村貴文(しむら・たかふみ)を担当にすること――。
本作の主人公・刑事の志村貴文を演じるのは高橋一生。『カルテット』(2017年)や『凪のお暇』(2019年)で見せた圧倒的な存在感、そして『天国と地獄~サイコな2人~』(2021年)での迫力溢れる怪演が記憶に新しい高橋が、本作でTBS連続ドラマに初主演する。ドラマや映画をはじめ、舞台と多岐にわたり活動する高橋は、2020年に主演した舞台「天保十二年のシェイクスピア」では第45回(2019年度)菊田一夫演劇賞の演劇賞を、2021年に主演したNODA・MAP第24回公演『フェイクスピア』では、第29回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。出演作品が途切れることなく続き、ますます演技に磨きがかかる高橋が本作で演じるのは、警視庁管内で起きた未解決事件の継続捜査を行う「特命捜査対策班」所属の刑事。もともとは捜査一課の最前線で事件捜査に当たっており、犯人逮捕への熱意は捜査一課の中でもひときわ強かった。そのため、犯人を逮捕するためなら時にグレーな手段を使うこともあり、その行き過ぎた捜査がきっかけで捜査一課から特命捜査対策班へ左遷された。“悪”を許してはならないという執念にも近い正義感を持っており、周囲の人間からは時として危険視されることもある異端の存在。そんな志村が、犯罪コーディネーターといういわば“悪”の代表と手を組むことになる。強烈な“正義”と強烈な“悪”の組み合わせがぶつかり合った時、どんな化学反応を見せるのか――。

あらすじ

渋谷の駅前広場で、多数の負傷者が出る爆発事件が発生した。警視庁刑事部特命捜査対策班の警部補・志村貴文(高橋一生)が応援を待つ中、街頭ビジョンには謎の男からの新たな爆破予告映像が流れると、「私が欲しいのは、志村貴文」と告げ、次の爆破の情報と引き換えに志村の身柄を要求してきた。
志村が指定された場所に行くと、待っていたのは謎の女・キリコ(柴咲コウ)。キリコは、街頭ビジョンをジャックしたのは自分だと告げ、再び爆発事件が起こると予告する。さらに、実行犯は“花火師”と名乗る爆破の専門家で過去に事故として処理されたいくつかの爆発事件も花火師の仕業だと言う。キリコの言葉を信じられない志村だが、さらなる爆破を阻止するために、警察庁監察官の猿渡紳一郎(桐谷健太)や捜査一課課長・犬飼彰吾(原田泰造)の制止を振り切り、キリコと共に行方をくらませる。 いっぽう、キリコの証言を受け捜査一課では、猿渡や犬飼らを中心に、不審者の捜索とキリコが挙げたいくつかの事故の洗い直しを行うことに。するとその事故の一つに、凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター“インビジブル”の関与が疑われていたことが判明する。

キャスト

高橋一生志村貴文 役 柴咲コウキリコ(インビジブル) 役 有岡大貴(Hey!Say!JUMP)磯ヶ谷潔 役 堀田茜五十嵐夏樹 役 谷恭輔近松延武 役 大野いと安野東子 役 板垣李光人沢渡万太郎 役 西村元貴岸幸介 役 結城モエ朝倉環 役 田中真琴芝本菜穂 役 村井良大野間昇太郎 役 酒向芳塚地敬一 役 原田泰造犬飼彰吾 役 桐谷健太猿渡紳一郎 役

スタッフ

脚本:いずみ吉紘
プロデューサー:佐藤敦司
編成:東仲恵吾、佐藤美紀
演出:竹村謙太郎、棚澤孝義、泉正英
制作:TBSスパークル、TBS

関連番組

注目の特集