掲載期間:2019年4月5日〜終了日未定

ボヘミアン・ラプソディ

第91回アカデミー賞(R)最多4冠 好評配信中!

※Tポイントプレゼントキャンペーン対象商品の販売・配信は終了しました。
※キャンペーンの詳細はこちら

字幕版を購入する¥432(税込) 吹替版を購入する¥432(税込)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」 本編冒頭10分 無料配信中!

STORY 伝説のバンド<クイーン>その生き様が世界を変えた感動の物語。

ワンフレーズを耳にすれば、思わず心が踊り出す名曲で、世界を魅了する伝説のバンド<クイーン>
そのリード・ヴォーカルにして、史上最高のエンターテイナーと讃えられたフレディ・マーキュリーの生き様を映し出すミュージック・エンターテインメントが誕生!

世間の常識を打ち破る革新的な音楽を次々と生み出し、スターダムを一気に駆け上がったフレディと仲間たち。
今なお語り継がれる劇的なパフォーマンスを披露した彼らの華やかな活躍の裏には、誰も知らないストーリーがあった…。
崩壊寸前だったバンドが挑む20世紀最大の音楽イベント“ライヴ・エイド”。
永遠に語り継がれるパフォーマンスに込められたフレディとメンバーの想いと秘められた真実が観る者の魂を熱く震わせる—。

予告編

REVIEW “胸アツ”レビュー

    • 7回も見てしまいました★★★★★

      結局7回も見てしまいました。Queenの才能の凄さを認識し、演じている俳優に驚き、CGかと思ってしまいます。メンバーを演じている俳優に違和感がないので入り込んでしまいました。特に主役のラミマレック氏はフレディが乗り移ったかのような動きと筋肉の付き方、後ろ姿まで完璧️素晴らしいです。フレディの繊細さも言葉使いや仕草で伝わりました。フレディはこんな大変な事の数々、孤独感の中、私達を幸せにしてくれる曲と歌声を届けてくれたのかとあらためて感謝と才能のスゴさを感じました。ライブエイドの映像見たら何回見ても感動で涙が止まりませんでした。

      続きを読む
    • 魂が震える★★★★★

      天才が陥る孤独と挫折。しかしクイーンは1人ではなく4人だった。そこを乗り越えた4人でのライブエイドはスクリーンの観客や、そしてクイーンはもとよりスクリーンの外の私達もそこにいた。そんな一体感のある映画だった。ロックで涙とは想像が出来なかった。必見。

      続きを読む
    • またQueenと会える★★★★★

      どう感想を書いていいか分からないぐらい圧倒された。Queenの曲は大好きだけど細かいエピソードまでは知らない自分・・・当時から知ってるファンとは明らかな差がある。それでも“ライヴエイド”での一体感はすごかった!ファン歴など気にすることなく誰もが夢中になれる!あの熱狂をスクリーンで味わえるだなんて贅沢なことだ。大げさではあるが「観る人全てがファンになる」と言えるほどの作品です

      続きを読む
    • タイムスリップ★★★★★

      最初から最後まで、涙腺がゆるゆる。一気にタイムスリップしてしまった。あの時代を共有できた幸せを感じながら、自分とクイーンの記憶をひとつひとつ思い出せることができて最高の映画だった。はじめは、え?フレディ?とちょっと違和感覚えながらも、観ているうちにどんどんフレディになっていくレミ。ブライアンもジョンもそっくりで、怖いぐらい。日本公演のシーンはカットされたとのことだが随所に日本好きのフレディを感じることができた。ファンとしては久しぶりにコンサートに行った感を味わえたぐらい圧巻。

      続きを読む
    • 全てのロックを愛する人へ★★★★★

      フレディー・マーキュリーの生き様が観る人を熱くする。脇役の堅め方から、文句の付け所がない。主演の荒削りな部分を補っても、物語の完璧なストーリーがそれを忘れさせる。ラスト20分のライブ・エイドのシーンは、終わっても未だに頭の中を駆け巡っている。全ての人に、贈りたいロック叙事詩。

      続きを読む
    • ファンタジーの向こう側★★★★★

      ライブエイドが始まってからラストまで、こんなに泣いた映画があっただろうか。独りで観に来ていて良かった。しみじみそう思った。エンドタイトルの後半、劇場の暗闇にあの曲が、フレディーの魂の叫びが響き始めたとき、思わず咽び泣いてしまった。フレディーの訃報を知り立ち尽くした瞬間を思い出した。この選曲以外にはありえなかったろう。しかし、映画が終わったと気を許したときやられた。本気でクィーンのファンだったひと、リアルタイムでクィーンで育ったひとには、スターウォーズ旧3部作で青春を過ごした世代が「ハン・ソロ」を観ながらもハリソン・フォードの若い頃だと言い聞かせるような脳内変換の努力をした時の様な、ちょっとした違和感の様なものを抱くかも知れない。

      続きを読む
    • また会おう、ダーリン。★★★★★

      ロックミュージシャンの伝記映画は様々あるけれど、1つのバンドや1人の人生を2時間強に完璧に収めることは難しい。本物ではない。エンターテイメントとしての作品。けれどこの映画は一瞬、現実と創作物の境界線がなくなり、何か芸術の化学反応が起きたかような不思議な空間を感じた。Queenを愛する人たちの思いの渦が作品に込められ爆発したような。音楽系の伝記映画で、ライブシーンがとんでもなく丁寧に作り込まれているのは嬉しいものだ。20世紀は激動のロック史の時代だ。当時のQueenを知る人達は、スクリーンの向こうに音楽と共に生きた日々を反芻し涙を流す。

      続きを読む
    • もっとQueenを★★★★★

      20th century foxのファンファーレに身震いし、そして次の瞬間には呼吸を忘れるほど驚きます。驚くはずです。Queenの音源や映像にあまり触れたことのない人こそぜひ見るべし!ほんとにあんな質量やこんな熱量をもって輝いてたバンドがあったのか?……あるんです!! Queenの音源や映像にさんざん触れてきた人こそぜひ見るべし!ほんとにあんな癖やこんなプレイを再現できるのか?……できるんです!!ただもちろんストーリー進行上や個人的視点において、史実と違う点はままあります。もちろんこれを書いてる私の思う“私実”と違うということなのですから、各々の目で確かめて下さい。もっとQueen史を辿りたくなること必至です!

      続きを読む
    • ロックムービーの金字塔★★★★★

      QUEENファンだけの音楽映画ではありません。フレディという人物を描く作品としての完成度が高く、選曲もツボにハマり、非常に素晴らしい映画です。往年のQUEENファンなら涙腺崩壊すること間違いなし。

      続きを読む
    • Wembley Stadium にいた★★★★★

      映画のラスト。私はWembley Stadium にいた。その声をプレイを振動を聞いていた。心臓の高鳴りが止まらなかった。息がとても苦しかった。涙が止まらなかった。私は本当にWembley Stadium にいた。

      続きを読む
    • 単なるロック映画ではなく重厚な人間ドラマ★★★★★

      未曾有のアーティストである、クイーンのフレディ・マーキュリーの半生をバンドの変遷と共に描いた傑作。ロック・アーティストとして既に伝説の域に達している彼の半生は、世界中のロック・ファンの知るところであるが、改めてこうした劇場用映画で描くことにより、ロック・ファンのみならず年齢性別を超えた幅広い世代の人々に、彼の生き様を知らしめた本作の功績は大きい。

      続きを読む
    • クイーンというバンドの寓話★★★★★

      時系列が違うといって怒る人もいると思うが、これはあくまでドキュメンタリーじゃない。フレディが生きてたとしたら、細い時系列よりも、派手に、みんなを感動させようぜ!って言ったと思うし、ブライアンはパンフでも、ドキュメンタリーじゃなく、これはアート作品だとも言ってる。そこを踏まえた上で楽しんだもん勝ち!!!文句やつは帽子でもくっとけ!

      続きを読む
    • 最高の映画、製作に関わる全ての方に感謝。★★★★★

      待ちに待った。結局、今回も企画流れるんでしょ・・・と思ってましたがまず映画の公開にたどり着いたことに、ありがとうと言いたい。そして、その中身。クイーンのことが大好きな人たちが関わって、本当に愛をもって製作していることが伝わってきた。私のような長年の大ファンも納得の出来です。とにかくありがとう。もちろん、ファンでない方でも楽しめます。(というかメインのターゲットは、ちょっと音楽は知っている程度、の方を対象としたものでしょう。)フレディの人生は壮絶で、伝説です。世界最高のリードヴォーカルの物語、生き様にエキサイティングして欲しい。

      続きを読む
    • フレディが蘇った!★★★★★

      まるでフレディ・マーキュリーが蘇ったよう。もう会えないと思っていたフレディに会えた。フレディだけじゃない、ジョンにも会えたんだ!思い出の中のクイーンの4人にこの映画で出会えた。最初から最後までクイーンの音楽とクイーンのパフォーマンスに魅せられる映画だった。ラストのライブエイドは圧巻。そしてエンドロール…涙が止まらなかった。

      続きを読む
    • 孤独な人々への応援歌☆★★★★

      今もなお、色あせることなく人々の心に響くクイーンの楽曲の理由を垣間見ることができる作品でした。彼らの歌詞や楽曲はエキセントリックで、パフォーマンスも奇抜で大胆。でもベースにあるのは、複雑な生い立ちの中で自分の居場所を探し続けた繊細な人の想い。自分への応援歌でもあり、同じような思いを抱えている人たちへの応援歌。自分は一人じゃないと思わせてくれるパワーはすさまじく、彼らの曲は多くの人を励まし力づけていくのだと思う。移民、LGBTに限らず、大なり小なり「孤独」を感じる世の中で、自分を受け入れ、肯定してくれるクイーンの音楽のマインドを大切にしたいです。

      続きを読む
    • 音楽映画として満点の出来★★★★★

      難しいことは言わない この映画は最高の映画だ。フレディの生涯をあそこまで書ききったストーリーも、絶妙に似ていた配役も拍手を惜しみなく送りたいが、何より映画館でQWEENの楽曲をビリビリと感じ、Show must go onで締まるあの一連は言葉で言い表し難い高揚感がある。連続で見たくなる映画であり、一度見たら忘れられない映画であり、なによりこだわりを持って見に行くとまさしくガツンと来る、そんな映画である。見に行ってない人は見に行くといい。もう一度見たい方も見に行けばいい。自分を含め、もう何度目かはわからないという方も、もう一度見に行こうじゃないか。一緒にRadio gagaで手拍子を合わせようじゃないか。

      続きを読む
    • 観るほどフレディの喪失感で切なくなる★★★★★

      IMAX上映開始からレディースデイは通い詰め。あの時代に生きた50代後半の私ですが 音楽映画が好きということで クイーンは少しの曲しかを知らずにこの映画を鑑賞しました。選ばれた音楽 素晴らしい俳優で、 ロック・バンド・クイーンの誕生からライブエイドまでをを簡潔に2時間でまとめた作品は 私にクイーン、フレディの素晴らしさを教えてくれました。史実と違うとか時系列のづれは ドキュメンタリ―ではない作品として受け入れています。それよりクイーンの大ファンになったこと、鑑賞後は必ずネットでクイーンを検索してしまいます。

      続きを読む
    • なんだこの映画は?!★★★★★

      極めて中毒性の高い映画。こんなこと始めて。ボヘミアンラプソディーのピアノの旋律が頭から離れない。夢の中か、天国で流れてるような美しい旋律。音楽はもちろん、フレディの生き方に魅せられ、観て1ヶ月たったのに、ますます中毒性が高まる素晴らしい映画。

      続きを読む
    • 魂の唄声★★★★

      若い頃から、フレディはどうしようもない孤独感や寂しさを感じて生きているようだった。自分の中にある違和感に気づいてから、ますますその寂しさは強くなったのか。同性愛者であること、自問自答・苦悩・葛藤、自暴自棄のような時間を越えて、そのままの自分自身と最期を生きようとする姿、全身全霊 魂の唄声に、嗚咽するほど涙が溢れた。そこには、すべての感情を救うような愛があった。クイーンは本当にカッコいい。熱量を感じる映画。観て良かった。

      続きを読む
    • 無償の愛の素晴らしさ★★★★★

      自分が生きていることが、どれだけ周りの無償の愛に支えられているのか?その無償の愛がどれだけ自分の人生を幸せにしてくれるのかがうまく表現されている作品。自分の求めるものに応えてくれるものが愛ではない。利害関係や立場、性別を超え、損得無しに本当に相手を思いやり、愛すること…。本当に大切にしたい愛は、無償の愛であると言える。仲間、家族、恋人、ファン…。無償の愛の中で幸せを感じ、安らぎを得、自分の存在自体に意味があるものになる。「ライブ・エイド」で無償の愛を世界に捧げた「QUEEN」。当時はその背景を知らなかったが、改めて「QUEEN」というバンドの凄さ、彼等の愛の深さを知ることが出来た…。

      続きを読む
    • にわかクイーンファンも許してやる★★★★★

      クイーンは20年聴いている。やっと時代が追いついたか。かっこいいだろう。

      続きを読む
    • クイーンの曲ですべて許せる★★★★★

      制作の際のドタバタなどが色々言われていたが、完成版を見るとやっぱりクイーンの曲にのせられてしまう。基本的にはフレディ・マーキュリーの伝記なので、クイーンの他のメンバーについては扱いがかなり小さい。それにエイズの告白や史実との違いもある。ただすべてはバンド・エイドのパフォーマンスを見せるため。敢えて実写で見せることで、その迫力は劇場をほとんどコンサート会場と化す。まるで一人の観客でもあるかのように思えるし、フレディの煽りもその場にいるよう。

      続きを読む
    • 音楽に情熱を捧げた男の生き様★★★★★

      "初めてクイーンの曲を聴いたのはまだ10代の頃。ボヘミアンラプソデイ中盤のオペラ調の箇所に衝撃を受けたのは今でも記憶に新しい。あの名曲がどの様に産まれどの様に録音さてたのか、その工程をこの映画を通じて体感出来た喜びは計り知れないです。とにかくいい映画。"

      続きを読む
    • 甦ったフレディ★★★★★

      「ボヘミアン・ラプソディー」は中学生の頃、歌詞も理解してないのに、こんな曲聴いた事がないと、毎日必死でラジオのリクエスト番組に電話しまくってた。フレディの愛、優しさ、寂しさや混乱が全て詰まった楽曲だったんだなと、今更ながらわかった。そして、心から、彼が愛しい。フレディに会いに、何度も映画館に向かってしまう。

      続きを読む
    • 中毒性★★★★★

      どこがいいのか上手く表現できないのだけど、フレディの熱さと寂しさが自分に伝染し、どっぷりとその世界観に入り込んでしまう。終わりに近づくにつれ、終わらないで~、逝かないで!と心が叫ぶ。3回観たけど、またそろそろ行きたいと、中毒性のある映画です。

      続きを読む
    • フレディの生き様を描き切った傑作★★★★★

      この映画にはなにか魔法がかかっている気がする。なぜ、今の時代にクィーンの映画がこれだけ人の心を掴んだのであろうか?全編、バンドの成長とスターダムを駆け上がっていくシーンもあるが、全体的に重たい。フレディの内面の孤独、隠されたセクシャリティなどがその要因だろう。なのに目が離せない。フレディだけではなく、バンドのメンバー、メアリー、両親と関わる人との関係が、表面上だけではなく、剥き出しの感情でぶつかりあうシーンが多い。名曲が誕生した瞬間は丹念に描くが、全体のストーリーテリングは極少なく、思いきりカットした大胆な構成。

      続きを読む
    • 全てが詰まって★★★★★

      クイーンファンでなくても、ロックバンドのファンになった事がある人にとって共通の熱い想いを持ってみる事ができるのではないかなと思います。クイーンの事は知らなかったけれど、フレディは天才、メンバーもクレバー。奇跡のバンドだったのだと知ることができました。スクリーンを通しても、足踏みしたくなるし、拳を振り上げたくなる、一体感を味わえる凄い映画でした。音楽だけでなく、家族、友情、猫(フレディは猫に似てるね)、全てが詰まっている映画でした。

      続きを読む

Tポイントプレゼントキャンペーン詳細

キャンペーン名
Yahoo!プレミアム会員限定Tポイント432円分プレゼントキャンペーン

キャンペーン期間
2019年4月17日(水)0時〜2019年4月21日(日)23時59分

特典内容
Tポイントプレゼント:計432ポイント
内訳
A 通常ポイント:4ポイント
B 通常ポイント(Yahoo!プレミアム会員特典分):4ポイント
C 通常ポイント(本キャンペーン特典分):424ポイント
※キャンペーン対象商品購入でA、B、Cの計432ポイントが付与されます。
※Cには「いつでもポイント5倍」で付与される期間限定ポイント(商品の3%分)が、通常ポイントとして含まれています。
※購入確認画面でポイント付与に関する記述がありますが、上記の内容が正しい付与ポイントです。
ポイント付与の時期
A・B:購入日の2〜3日後に、仮ポイントを獲得できます(仮ポイントはご利用いただけません)。6月中旬に利用可能ポイントとして付与されます。
C:6月中旬に利用可能ポイントとして付与されます。
確認方法
購入時にログインしていたYahoo! JAPAN IDに対してポイントが進呈されます。ポイント通帳にてご確認ください。

特典をもらう条件
キャンペーン期間中に、Yahoo!プレミアム会員のYahoo! JAPAN IDでログインのうえ、映画「ボヘミアン・ラプソディ」のキャンペーン対象商品を購入
※ポイント付与は一つのYahoo! JAPAN IDにつき一度のみです
※キャンペーン対象商品のいずれかの商品を購入した初回のみが対象です

動画視聴について
  • 視聴にはGYAO!アプリのインストールが必要です。
  • 購入したYahoo! JAPAN IDがYahoo!プレミアム会員の状態の場合に、本キャンペーンページに表示される再生ボタンを押すことで視聴できます。またはGYAO!アプリの[マイリスト]→[購入した作品]からも視聴できます。
  • 購入後、本キャンペーンページをGYAO!アプリで開いた際に再生ボタンが表示されない場合は、一度ログアウトし購入済みのYahoo! JAPAN IDで再度ログインしてください。
  • テレビアプリをご利用の場合は、購入済み作品欄から視聴できます。
  • キャンペーン対象商品は購入から2日間(48時間)何度でも視聴できます。
  • 推奨環境以外のご視聴は保証いたしません。推奨環境はこちら>>

注意事項
  • キャンペーン対象商品と通常商品の映像内容に違いはありません。
  • ポイント付与は一つのYahoo! JAPAN IDにつき一度のみです。
  • 本キャンペーンは予告なく終了する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • キャンペーン商品の代金を所定の期日までにお支払いいただけない場合は、ポイント付与の対象外となります。
  • ポイントの取得に関し、登録内容に虚偽の記載があった場合、不正行為が行われたと当社が判断した場合、ポイント付与の対象外となる場合があります。
  • Tポイントがポイント通帳に加算される前に、キャンペーン対象のYahoo! JAPAN IDを削除された場合は、無効になります。
  • キャンペーンへのご参加は、日本国内に在住の方に限らせていただきます。

Tポイントについて
  • Tポイントについては、ご利用ガイドをご確認ください。
  • ポイントの有効期限については、Tポイントヘルプをご確認ください。
  • ご利用中のサービスに表示されるポイント数と、ポイント通帳に表示される利用可能ポイント数に差異が生じる場合があります。
    正しい利用可能ポイント数はポイント通帳でご確認ください。
  • Yahoo! JAPANおよびYahoo! JAPAN提携サービスで1カ月に利用できる合計ポイントは、10万ポイントまでです。Yahoo! JAPANおよびYahoo! JAPAN提携サービスについてはたまる・使えるところをご確認ください。
  • 仮ポイントは、使用できるようになるまでに一定の期間を必要とするポイントです。期間が過ぎてからは、通常のポイントとして使用できます。仮ポイント数については、ポイント通帳の履歴をご確認ください。

その他
キャンペーン主催:株式会社GYAO