PR企画 掲載期間:2018年9月21日〜10月21日

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わからねぇんだよ!!

10.12[FRI] ROADSHOW

この声に、世界がヤラれるっ!!

GYAO!独占 W主題歌MV公開!! 「人類滅亡の歓び」 「体の芯からまだ燃えているんだ」↓

INTRODUCTION

「この声に、世界がヤラれるっ!」ありきたりな常識を覆す 爆音!爆上げ! ハイテンション・ロック・コメディ!!

驚異の歌声をもつロックスターの秘密は“声帯ドーピング”!? シン 阿部サダヲ x ふうか 吉岡里帆 x 監督・脚本 三木聡(『俺俺』「時効警察」シリーズ)

驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シンと、
声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか。正反対の2人は偶然出会い、
ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう!
しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!
やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに。
リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!

W主題歌は  “HYDE&いしわたり淳治” “あいみょん”の書き下ろし楽曲!

シン(阿部サダヲ)が歌う主題歌「人類滅亡の歓び」を
作曲したのは、L’Arc〜en〜Cielのボーカルやソロとして
世界で活躍する正真正銘のロックスター・HYDE。
歌詞は元SUPERCARのいしわたり淳治。
そして、ふうか(吉岡里帆)が歌うもうひとつの主題歌
「体の芯からまだ燃えているんだ」の作詞・作曲を担当したのは、
若者を中心に絶大な人気を誇るシンガーソングライター・あいみょん。
そのほか全14組の豪華アーティストが参加!!

STORY

驚異の歌声をもつ世界的ロックスターの秘密は“声帯ドーピング”!?

驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう! しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前! やがで、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるハメに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!

ハイテンション・ロック・コメティ映画 “音タコ”徹底大解剖 >

CAST

阿部サダヲ&吉岡里帆が待望の初タッグ! さらに強烈すぎる超個性派俳優陣が集結!!

阿部サダヲ・シン

阿部サダヲ・シン

驚異の声量と美声を持つ、“絶叫する堕天使”の異名を持つカリスマロックスター。しかし、その歌声は「声帯ドーピング」という禁断の手段によって作られたもの。某有名人の妻と不倫するは、世の中のタブーに対して不穏当な発言をするは、猥褻物を陳列するは……と、その素行の悪さで度々問題を起こしているが、ドーピングの悪影響で喉が崩壊しつつあり、歌えないどころか、声すら出せなくなる恐怖に震えている。反社会的行動もその裏返しか? 本名は静川真。

8秒インタビュー「8ピ」はこちら(Yahoo!映像トピックス) >

吉岡里帆・明日葉ふうか

「君といる風景」というバンドに所属していたが、バンドのリーダーで、その当時の彼氏によってバンドをクビになる。その理由は……歌声が小さすぎるから。過去に色々あったせいで、「大きな声」を出すことに抵抗があり、表現もためらいがち。ボーカルなのに。親戚であるザッパおじさんとデビルおばさんのアイスクリーム屋に下宿している。宝物は、母にもらった青いギター。

8秒インタビュー「8ピ」はこちら(Yahoo!映像トピックス) >

千葉雄大・坂口

レコード会社「ステレオタイプレコード」の、シンの担当A&R。シンの事務所の社長とは絶対服従関係にある。チョロくて弱くて情けないキャラクターだが、それはもしかしたら全て演技なのかもしれない。裏の顔を幾つも持っていてそれを時々のぞかせる。ある意味、阿修羅な男である。

8秒インタビュー「8ピ」はこちら(Yahoo!映像トピックス) >

ふせえり・デビルおばさん

ふうかの親戚のおばさん。吉祥寺にある「13アイスクリーム」を、夫のザッパおじさんと営んでいる。いつも黒ずくめの服を着ている魔女キャラ。やたらと声がでかい。80年代には「ガラスの仮面」というバンドをザッパおじさんと組んでいて、一応レコードデビューはしている。

田中哲司・社長

シンの事務所「Dying Message? Inc.」の社長。無名時代のシンを見いだし、シンに“声帯ドーピング”の施術を受けさせた張本人。音楽業界の裏の裏まで知り尽くし、大手のレコード会社やプロダクションを出し抜いてきた、ある意味妖怪。

松尾スズキ・ザッパおじさん

ふうかの親戚のおじさん。吉祥寺にある「13アイスクリーム」の店主であり、デビルおばさんらと組んでいたバンド「ガラスの仮面」のリーダーでもある。ちなみにザッパおじさんのザッパは、フランク・ザッパに似てるからじゃなくて、「おおざっぱ」だから。

麻生久美子・女医

東京のアンダーグラウンド、主にダークサイドの患者ばかり診ている救済病院の女医。かつて国境なき医師団のメンバーとして活動していたこともあり、片方の目はその時に戦闘に巻き込まれて失っている。プライベートは謎。

小峠英二(バイきんぐ)・自滅

パンクバンド「ダエマオハギツ」のボーカル。秩序をぶっ壊して20年、ノーフューチャーと言って20年、ボチボチ先が見えてきているが、生真面目にストリートライブをやり続けている。生活費は同棲しているグルーピーな彼女がネイルサロンでバイトして稼いでいる。

MUSIC

前代未聞の最強アーティスト布陣が実現! 書き下ろしとなる2曲の主題歌のミュージックビデオをGYAO!独占で公開!!

「人類滅亡の歓び」

SIN+EX MACHiNA

作詞 いしわたり淳治/作曲 HYDE

「体の芯からまだ燃えているんだ」

ふうか

作詞・作曲 あいみょん

千葉雄大がた〜っぷり!「体の芯からまだ燃えているんだ」GYAO ver. はこちら

ARTIST COMMENT

  • HYDE

    HYDE

    「人類滅亡の歓び」作曲

    監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました笑。シンとの共通項も多く、時期的にもお互いパクったわけではないのですが、シンと僕のアー写がそっくりだったので驚きました。僕はドーピングしてませんよ!

  • いしわたり淳治

    「人類滅亡の歓び」作詞

    「声帯をドーピングしてとんでもない声を出すカリスマ的ロックスターの歌詞なんですけど…」なんていう言葉で笑いながら始まる打ち合わせは、おそらくこの先の人生でも二度とないでしょう。廃退的で耽美的な歌詞。とても楽しい貴重な経験をさせて頂きました。

  • あいみょん

    「体の芯からまだ燃えているんだ」作詞・作曲

    人生の先には、まだ知らない誰かとの出会いが想像つかないくらいに待っていて、その出会いが自分自身の人生を大きく変えていくかもしれない。そう思うと未来は爆発的に面白い。あの日聴いた音や声、見たもの全てが今日の自分に語りかけてくるように、体の芯を燃やす感覚をいつになっても忘れたくないです。テンションを上げて行こう!

  • PABLO

    「人類滅亡の歓び」アレンジ&K.G.B.(EX MACHiNA)役

    PABLO

    ライブシーンで炸裂する「人類滅亡の歓び」の編曲では三木監督のアイデアに基づき、様々なサブカルとリンクした音楽的要素を詰め込めこみつつ、やりたい放題で最高に気持ちがいい音に仕上がりました!映画に出演することが夢だったこともあり、作品と関わり最高の体験をさせていただきました。是非、映画館の大音量で『EX MACHiNA』の轟音を『シン』の絶唱を全身に浴びてください!!

    詳細を見る
  • KenKen

    1984 (EX MACHiNA)役

    今回は大好きな三木聡監督の作品に呼んでもらって、本当に嬉しかったです。冒頭の少しの出演ですが、少しでも華を添えられたら幸いでございます。

    詳細を見る
  • SATOKO(FUZZY CONTROL)

    ローザ(EX MACHiNA)役

    最高に楽しくて刺激的な映画と楽曲に携わらせて頂き幸せです。音楽演奏のみならず、阿部サダヲさんのバンドメンバーとして役も頂いて光栄の極みです。三木ワールドの住人たちは本当にぶっ飛んでいます。故にメイクが奇抜すぎて誰だかわからないかも…。笑

    詳細を見る
  • THIS IS JAPAN

    「体の芯からまだ燃えているんだ」アレンジ・演奏

    音量を上げろ!と言われなくても音量を上げがちなバンドである我々ですが、観終わった後にはもっともっと音量を上げたい!とテンションが上がってしまいました。大好きな作品です。エネルギーとエモーションに満ちた「音タコ」に、少しでも携われたことを誇りに思います。(杉森ジャック(THIS IS JAPAN))

    詳細を見る
  • never young beach

    「夏風邪が治らなくて」アレンジ・演奏(安倍勇磨/ 「夏風邪が治らなくて」 作詞・作曲)

    この映画は笑って観る映画です。恥ずかしがらず、たくさん笑いましょう。(安部勇磨(never young beach))

    詳細を見る
  • 橋本絵莉子

    「まだ死にたくない」「ゆめのな」作詞・作曲

    声が小さく、気も小さいボーカリストの曲を作って下さいとお願いされた時は、私の得意分野かもしれないと思いました。普段の私に近いからです。歌詞も、私半分、ふうか半分の割合で完成しました。楽しかったです。

    詳細を見る
  • 富澤タク

    「遊ぶ金欲しさの犯行」作詞・作曲&破滅(ダエマオハギツ)役

    当時のパンク、ニューウエーブに思いを馳せながら、三木監督と作詞の共作までさせていただきつつ、楽曲制作をやらせてもらいました。そのうえ微妙に出演までさせていただき(直視しないでください(苦笑))感謝の念に堪えません。今年の音楽映画はコレで決まりっしょ!

    詳細を見る
  • KATARU(ニューロティカ)

    壊滅(ダエマオハギツ)役

    コメントなし

    詳細を見る
  • NABO(ニューロティカ)

    幻滅(ダエマオハギツ)役

    コメントなし

    詳細を見る
  • 清水麻八子

    ゆめうつつ(家の前でゴリラが死んでる)役

    コメントなし

    詳細を見る
  • 八十八ヶ所巡礼

    「肩噛むな!」作曲&家の前でゴリラが死んでる バンドメンバー役

    監督のキ●ガイ的な歌詞のおかげで、我々だけでは絶対に作れなかったキ●ガイじみた曲ができました。監督に感謝です。(マーガレット廣井(八十八ヶ所巡礼))

    詳細を見る

REVIEW

COMING SOON

INTERVIEW

トレンドニュース スペシャルインタビュー1 阿部サダオ x 吉岡里帆

COMING SOON

トレンドニュース スペシャルインタビュー2 千葉雄大

「これまでのイメージをぶち壊せたらいいなと思っています!」

――非常にエッジの効いた作品が多い三木監督からオファーを受けたとき、どんなお気持ちでしたか?

千葉: 三木監督に声を掛けていただいたことももちろんうれしかったのですが、僕は音楽が好きなので、音楽を軸にした映画ということにも興味が沸きました。あとはなにより、これまでハイテンションの映画ってご縁がなかったので、そこで僕を選んでくれたのは本当に光栄でした。

――パブリックイメージと違うような役柄への不安や戸惑いは?

千葉: まったくなかったです。楽しみしかなかったです。本当に「どうにでもしてくれ!」って感じでした。

――坂口という男をどのようにイメージしたのでしょうか?

千葉: 三木監督と「コロコロと手のひらを返すような男なので、そのふり幅は全力でやろう」という話をして、イメージを膨らませていきました。

――二面性を持つ役という意味では、千葉さんはよくイベントなどでも「かわいい」と声を掛けるファンにあえて辛らつなことをいうなど、自身の多面性を出していますよね。

千葉: そういう部分を見て、この役をいただけたならすごく光栄です(笑)。でも少なからず、自分で自分を多面的だと思いますし、この仕事をしていて感じるのは、型にはめられると息苦しくなってしまうんです。いつもいい具合にイメージをぶち壊せたらいいなと思っていたので、今回の話はありがたかったです。

続きを読む(トレンドニュース)

STAFF


三木聡 監督・脚本

1961年、横浜市出身。 大学在学中から放送作家として活動し、「ダウンタウンのごっつええ感じ」、「タモリ倶楽部」、「笑う犬の生活」、「トリビアの泉」、「ヨルタモリ」など、人々の記憶に残る錚々たるTVバラエティ番組を数々手掛け、放送作家として確固たる地位を築く。00年までシティーボーイズのライブの作・演出を担当するなど、幅広いジャンルで活躍。 長編映画監督デビューは2005年の『イン・ザ・プ-ル』。以降、『亀は意外と速く泳ぐ』(05)、『ダメジン』(06)、『転々』(07)、『図鑑に載ってない虫』(07)、『インスタント沼』(09)、『俺俺』(13)などを監督。 またテレビドラマでも、「時効警察」シリーズ(06・07/EX)、「熱海の捜査官」(10/EX)など、オリジナリティ溢れる作品を作り出し、熱狂的なファンを生み出す。

三木聡 著 書き下ろし小説

「音量を上げろタコ!
なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! 」

角川文庫刊/定価:本体520円+税 絶賛発売中!

電子書籍を購入する(Yahoo!ブックストア)

オンライン書店「bookfan」でキャンペーン実施中


PRESENT

阿部サダヲ&吉岡里帆のサインが入った超貴重な

“音タコ”オリジナルトートバッグを3名にプレゼント!

応募期間:9月21日(金)~10月21日(日)

応募しろタコ!サイン入りトートバッグがもらぇんだよ!!

【応募方法】

GYAO!の公式Twitterをフォロー

GYAO!公式Twitter

ハッシュダグ「#ontako_gyao」を
つけてツイート!

投稿(応募)する

応募要項

【応募要項】

■応募期間
2018年9月21日(金)~2018年10月21日(日)
※本キャンペーンは予告なく終了する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

■賞品内容
・サイン入り“音タコ”オリジナルトートバッグ3名

■応募資格
・日本国内在住の方。
・GYAO! Twitter公式アカウントをフォローの上、ハッシュタグをつけて、ツイート。
※ご応募、登録内容に虚偽の記載があった場合は、応募資格・当選資格を取り消す場合があります。

■抽選・当選発表
厳正なる抽選の上、当選ユーザーの方にはTwitter DMにて、当選ご連絡致します。

プレゼントのお届けは11月上旬の予定です。
※当選はお一人様1回限りとさせていただきます。
※賞品をお選びすることはできません。
※やむを得ない事情により賞品の発送が若干遅れる場合がありますので予めご了承ください。
※賞品のお届け先は、日本国内のみとさせていただきます。
※お客様の住所・転居先が不明などで賞品がお届けできない場合は、当選を無効とさせていただきます。
※応募の受付、当選確認に関するお問合せ、及び応募後の住所等変更はお受けできません。

■ご注意事項
・本キャンペーンへのご参加は、 Twitterアカウントを所持し、GYAO! Twitterアカウントをフォロー頂ける方に限ります。
・応募は日本国内在住の方を対象とさせていただきます。
・本キャンペーンの内容及び賞品は予告なく変更させていただく場合があります。
・ご当選の権利はご本人様のみ有効となり、譲渡、変更、換金はできません。
・応募時にご入力いただく情報はSSLにより暗号化されて送信されます。
・本キャンペーンへのご応募の際、メールアドレスの入力ミス・登録後のメールアドレス変更につきご連絡がつかない場合、当選を取り消させていただく場合がございます。その他、ご応募に関して不正な行為があった場合、当選を取り消させていただく場合がございます。

■個人情報について
・お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先以外の 第三者に開示・提供することはありません(法令等により開示を求められた場合を除く)。

公式サイトはこちら(外部サイト)
公式Twitter(外部サイト) 公式Facebook(外部サイト)