掲載期間:2016年7月15日~終了日未定

掘り出し映画特集

GYAO!の映画担当バイヤーが熱くオススメする"今月の名作"。期間中無料でお楽しみいただけます。

7月25日更新

  • 東京闇虫 パートI(2013)

    あらすじ

    借金にまみれた青年・加藤は、返済の代わりに浅村という男に雇われ、指定された相手に金を届けるという仕事をすることに。簡単な仕事で5万円の報酬が支払われることに気をよくした加藤は……

    おすすめポイント

    多額の借金を背負った若者が、どん底の人生からはい上がるため裏社会の仕事に手を染めていく姿を描いた本田優貴の同名コミックを実写映画化。
    (ナターシャ)

    配信期間:7月22日~8月21日

  • ドッグス! ~オジーの大冒険~ 【吹替版】(2016)

    あらすじ

    小型犬のオジーはマーティン一家のペットで、特に一人娘のポーラとは大の仲良し。そんなある日、一家が日本へ旅行することになり、オジーはドッグホテル、ブルークリークに預けられる。

    おすすめポイント

    高級ペットホテルと思ったら犬の刑務所だった!? 家族の元に戻るため犬のオジーが大活躍。私は犬派なのでもう最後の方のシーンとかじんわり来ちゃいます。子供も大人も楽しめますよ!
    (K嬢)

    配信期間:8月1日~8月31日

その他おすすめ掘り出し映画

    バイヤープロフィール

    • K嬢

      映画は派手なものから地味なものまで、邦画も洋画もアジア映画も何でも見てしまいます。はまっちゃうと仕事終わりに劇場に足を運び2本続けて観ることもあります。ジャンルも幅広く観ますが、特に表現の激しいアジアのヤクザ映画を好んで見ます。苦手なのは洋画のラブコメ。

    • ナターシャ

      映画は観ずして後悔しないために食わず嫌いをせず極力観る様にしてます。基本的にはラストがどんでん返しの作品やダーク色が強い作品を好んでいます。映像作品の良いところの一つはその世界に入り込んで現実を忘れさせてくれる部分なので俳優さんの演技等で現実に引き戻されるとしょんぼりします。邦画も洋画も一生かかって見切れない程ある作品達はどれも素敵な出会いの一つです、是非まず手を伸ばしてみて下さい。

    • くだ巻き'やし'べえ

      ハリウッドからアート系まで、B級ホラーもドラマもアニメも好きな作品は好き。映画を観て、横丁の飲み屋で一杯やりながら映画を語るのが好き。最近は年のせいか人情系に弱くなってきた。

    • ラヤ・R

      ミュージカル、王道ハッピーエンディング、アート系ドキュメンタリー作品が大好物な一児の母。ジャンルを問わず幅広い作品を観ていますが、血みどろスプラッタはちょっと苦手。観た後にほっこり余韻が残るような作品を多く紹介していけたらと思います。

    (C)2013「東京闇虫」製作委員会(C)CAPITAN ARANA S.L., ARCADIA MOTION PICTURES S.L., PACHACAMAC FILMS A.I.E. AND BD ANIMATION INC. COPYRIGHT 2016