掲載期間:2020年1月10日~3月31日

「キネマ旬報ベスト・テン」特集

2020年2月「キネマ旬報ベスト・テン」発表。2019年度受賞作品紹介また過去の受賞作品を無料配信!

特集の更新は終了しました。GYAO!トップページへ

第93回「キネマ旬報ベスト・テン」&「個人賞」発表!
日本映画部門、外国映画部門、受賞作品を紹介


【日本映画部門】

第6位:さよならくちびる 監督:塩田明彦 主演:小松菜奈、門脇麦、成田凌、篠山輝信、他
第7位:ひとよ 監督:白石和彌 主演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、他
第8位:愛がなんだ 監督:今泉力哉 主演:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、他
第9位:嵐電 監督:鈴木卓爾 主演:井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人、他
第10位:旅のおわり世界のはじまり 監督:黒沢清 主演:前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、他




【外国映画部門】

  • 第1位:ジョーカー

    監督:トッド・フィリップス
    主演:ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ、他

    Yahoo!映画で詳細を見る>>

  • 第2位:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

    監督:クエンティン・タランティーノ
    主演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、他

    Yahoo!映画で詳細を見る>>

  • 第3位:アイリッシュマン

    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ、他

    Yahoo!映画で詳細を見る>>

  • 第4位:運び屋

    監督:クリント・イーストウッド
    主演:クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、他

    Yahoo!映画で詳細を見る>>

  • 第5位:グリーンブック

    監督:ピーター・ファレリー
    主演:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ、他

    Yahoo!映画で詳細を見る>>

第6位:家族を想うとき 監督:ケン・ローチ 主演:クリス・ヒッチェン、デビー・ハニーウッド、リス・ストーン、他
第7位:COLD WAR あの歌、2つの心 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ 主演:ヨアンナ・クーリク、トマシュ・コット、他
第8位:ROMA/ローマ 監督:アルフォンソ・キュアロン 主演:ヤリッツァ・アパリシオ、マリーナ・デ・タビラ、他
第9位:象は静かに座っている 監督:フー・ボー 主演:チャン・ユー、ポン・ユーチャン、ワン・ユーウェン、他
第10位:バーニング 劇場版 監督:イ・チャンドン 主演:ユ・アイン、スティーヴン・ユァン、チョン・ジョンソ、他




【個人賞発表】

  • 主演女優賞 瀧内公美
    「火口のふたり」

    賞をいただけたことは、荒井監督をはじめ作品を支えてくださったスタッフの皆さん、そして共演者である柄本佑さんのおかげだと心から思います。いろんな世代の方に、この映画が伝わったことが何よりです。

  • 主演男優賞 池松壮亮
    「宮本から君へ」

    公開まで紆余曲折を経た『宮本から君へ』を信じて、宮本浩という役を演じきったからこそ、うれしい評価をいただけました。僕も映画屋の端くれですから、キネ旬の賞はやっぱり格別です(笑)

  • 主演女優賞:瀧内公美「火口のふたり」
    主演男優賞:池松壮亮「宮本から君へ」
    助演女優賞:池脇千鶴「半世界」
    助演男優賞:成田凌「愛がなんだ」「さよならくちびる」他
    新人女優賞:関水渚「町田くんの世界」
    新人男優賞:鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」
    日本映画監督賞:白石和彌「ひとよ」「凪待ち」他
    外国映画監督賞:トッド・フィリップス「ジョーカー」
    日本映画脚本賞:阪本順治「半世界」
    特別賞:和田誠
    読者選出日本映画監督賞:阪本順治「半世界」
    読者選出外国映画監督賞:トッド・フィリップス「ジョーカー」
    読者賞:ライムスター宇多丸 三沢和子『2018年の森田芳光』

    「キネマ旬報」公式ベスト・テン発表ページは
    こちら>>

「キネマ旬報ベスト・テン」とは

『キネマ旬報』は1919(大正8)年に創刊され現在まで続いている映画雑誌として日本では最も古い歴史を誇ります。キネマ旬報賞の始まりは当時の編集同人の投票集計によりまず1924年度(大正13年)のベスト・テンを選定したのがその最初。当初は<芸術的に最も優れた映画><娯楽的に最も優れた映画>の2部門(外国映画のみ)でしたが1926(大正15)年日本映画の水準が上がったのを機に現行と同様の<日本映画><外国映画>の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの大正時代から現在まで継続的にベスト・テンは選出され続けています。

「キネマ旬報」公式サイト 雑誌「キネマ旬報」を購入する

GYAO!ストアで過去受賞作品を配信中

日本映画部門

  • 万引き家族
    【日本映画/2018年1位】

  • 菊とギロチン
    【日本映画/2018年2位】

  • きみの鳥はうたえる
    【日本映画/2018年3位】

  • 寝ても覚めても
    【日本映画/2018年4位】

  • この世界の片隅に
    【2016年1位】

  • 恋人たち
    【2015年1位】

外国映画部門

  • ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
    【外国映画/2018年2位】

  • ファントム・スレッド
    【外国映画/2018年4位】

  • ハドソン川の奇跡
    【外国映画/2016年1位】

  • マッドマックス怒りのデス・ロード
    【外国映画/2015年1位】

注目の特集

    (C)2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS (C)LICENSED BY COMPASS FILM SRL - ROME - ITALY. ALL RIGHTS RESERVED. (C)1952 Mediatrade