PR企画 掲載期間:2018年1月12日〜2月12日
  • 羊の木
  • 羊の木
心揺さぶる衝撃と希望のヒューマン・サスペンス

平穏な日常に割り込んできた男女6人 小さな町の歯車は少しずつ狂い始める

予告編

さびれた港町・魚深に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。

市役所職員の月末は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める…。

衝撃と希望のヒューマン・サスペンス

  • 一部の人間しか知らないトップシークレット

    新規転入者6名の受け入れを命じられた魚深市役所職員・月末一。彼が突きつけられた衝撃の事実。それは6名全員が仮釈放された元殺人犯であるということ。彼らはみな、自治体が10年の定住を条件に身元を引き受け、刑期を大幅に短縮され出所したばかりだという。
    刑務所のコスト削減と地方の過疎対策を兼ねたこの極秘プロジェクト。知っているのは月末と課長の神崎、魚深市長のみ。さらに6人は互いの存在を知らず、警察ですら彼らの過去を把握していない

  • 錦戸亮
一部の人間しか知らないトップシークレット
  • 錦戸亮
  • 一部の人間しか知らないトップシークレット

    魚深市にやってきたのは男女6人。威圧的な釣り船屋・杉山勝志、色っぽくどこか隙のある介護士・太田理江子、人見知りで几帳面すぎる清掃員・栗本清美、気弱だが飲むと豹変する理髪師・福元宏喜、強面で寡黙なクリーニング屋・大野克美、そして無邪気で好奇心旺盛な宅配業者・宮腰一郎。彼らは皆、過去に殺人を犯した者たちだ。 彼らの受け入れ担当として、翻弄される月末。新しい人間関係の中で、自分とは“異なる者”とどう関わり、どう彼らを受け入れていくのか―。人間という生き物を見つめつつ、サスペンス要素もふんだんに含んだ社会派エンタテインメントが誕生した。

強烈な個性を持つ実力派キャスト素性の知れないものたちを信じるか?疑うか?

羊の木 キャスト

設定とエッセンスを生かしつつ、完全オリジナルの結末を創造

リアルな他者や社会と向き合った、監督・吉田大八ワールドの新展開

  • 監督・吉田大八インタビュー
  • 本作を手がけるのは『桐島、部活やめるってよ』(2012)で日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞をダブル受賞し、『紙の月』(2014)では同優秀監督賞を手にするなど、日本映画のトップランナーとして注目される吉田大八監督。
    主人公だけでなくサブキャラクターに至るまであらゆる登場人物を実在感たっぷりに描きだす手腕は、今回の『羊の木』という群像劇でもいかんなく発揮されている。と同時に本作では、刑務所不足と仮釈放制度、地方の過疎化、人口減少や移民問題など、日本そして世界が抱える社会問題も鋭く切り取られている。

監督・吉田大八 メイキング
  • クヒオ大佐

  • パーマネント野ばら

  • 桐島、部活やめるってよ

  • 紙の月

マンガ界を騒然とさせた超問題作

  • 羊の木
  • 原作マンガ「羊の木」第1巻〜第5巻
    Yahoo!ブックストアにて好評配信中

    山上たつひこ、いがらしみきおという日本ギャグマンガ界のレジェンド2人がタッグを組んだ問題作。
    奇抜な設定や、人間が抱える恐怖の深淵に迫った本作は読者に大きな衝撃を与え、2014年(第18回)文化庁メディア芸術祭優秀賞に選ばれた。

    立ち読み
    購入はこちら

  • 山上たつひこ

    1947年生まれ。漫画家、漫画原作者、小説家。65年「秘密指令0」でデビュー。70年に連載した「光る風」で注目をあびる。72年にギャグ漫画「喜劇新思想大系」を発表。74年には「がきデカ」の連載を開始し、爆発的な大ヒットとなり社会現象を巻き起こす。さらに、87年に初の短編小説「かぼちゃ通り」を発表。2011年には漫画原作者として「羊の木」を発表。漫画家にいがらしみきおを迎えたことや、その斬新な設定と衝撃の結末は大きな話題を呼んだ。

  • いがらしみきお

    1955年生まれ。漫画家。5歳の時に漫画家になろうと決意。79年4コマ漫画家としてデビューを果たす。同年に連載された「ネ暗トピア」は、従来では見られなかったその過激なギャグスタイルで圧倒的な支持を受ける。83年「あんたが悪いっ」で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。86年に「ぼのぼの」の連載を開始。98年、初の少年漫画「忍ペンまん丸」で小学館漫画賞受賞。2011年発表の「羊の木」では山上たつひこと組み、2大ギャグ作家共演の作品として大きな話題を呼んだ。