【漢字トリビア】「東京」明治初期は別の漢字だった?
再生

ブラウザーで視聴する

【漢字トリビア】「東京」明治初期は別の漢字だった?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【漢字トリビア】「東京」明治初期は別の漢字だった?

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【漢字トリビア】「東京」明治初期は別の漢字だった?

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【漢字トリビア】「東京」明治初期は別の漢字だった?

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【漢字トリビア】「東京」明治初期は別の漢字だった?

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【漢字トリビア】「東京」明治初期は別の漢字だった?

【漢字トリビア】「東京」明治初期は別の漢字だった?

漢字にまつわるトリビアを、美しい書道とともに見て楽しむ「漢字トリビア」。  「江戸」から「東京」に改称され、「東京府」が開設されたのは明治元年(1868年)。2018年で150年を迎えます。  実は明治初期には、別の漢字もよく使われていたとか。その字とは「東亰」。「京」の字に一本線が多いですね。これは「京」の異体字で、隷書体で書くとこの形になるそうです。  今でも古い看板などに、この字が残っていることもあるとか。激動の時代の変化を今に伝える痕跡、と言えるかもしれません。

再生時間
00:00:36
配信期間
未定
番組情報
書動画 by Yahoo!映像トピックス
日本の伝統文化、書道。そのあらたな魅力や楽しみ方を動画で表現。
気鋭の書道家たちとコラボレーションし、日本の伝統文化である「書道」の魅力を伝えます。筆一本で生み出される美の世界を、動画でお楽しみください。