刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第11話 「運命の矢」
再生

ブラウザーで視聴する

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第11話 「運命の矢」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第11話 「運命の矢」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第11話 「運命の矢」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第11話 「運命の矢」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第11話 「運命の矢」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第11話 「運命の矢」

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第11話 「運命の矢」

まで

グレイソン脳科学研究所創設者の一人、フランシス・グラウトの死体が公園で発見される。凶器はクロスボウ、背中には三本の矢が刺さっており、被害者のダイイング・メッセージと思われる「WY」の血文字が残されていた。捜査を始めたマードックのもとに、霊能者サラ・ペンソールが訪ねてきて、犯人の姿を霊視したと言うのだ。犯人は黒い頭巾をかぶった死神。彼女は殺人は続き最後の被害者はマードックだと告げる。グラウトが研究所で担当していた三人の患者は、死の直前のグラウトの行動は知らないというが、グラウトの担当ではない患者ネズビットは研究所内の廊下をうろつく黒頭巾姿の怪しい男を見かけたと話す。マードックは早速ペンソールの協力のもと容疑者のスケッチを作成するが、そのときペンソールは再び死神が人を襲うイメージを見る。研究所の廊下ではネズビットが死体で発見される。グラウトと同様凶器はクロスボウだった。死体の状況から犯人は研究所内の人間だと思われた。ブラッケンリードの思いつきで所内に内偵者を潜入させることにしたマードックは、ペンソールに白羽の矢を立てる。

キャスト
ウィリアム・マードック:ヤニック・ビッソン ジュリア・オグデン:ヘレン・ジョイ ジョージ・クラブツリー:ジョニー・ハリス トーマス・ブラッケンリード:トーマス・クレイグ
スタッフ
製作総指揮:スコット・ガーヴィー、クリスティーナ・ジェニングス 製作:ローラ・バービン、ピーター・ネイブーン、キャル・クーンズ 監督:ショーン・アレックス・トンプソン、ドン・マクブレアティ、ジョン・レクイエ、ファーハド・マン
再生時間
00:47:31
配信期間
タイトル情報
刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】
1890年代のロンドンを舞台にした、「シャーロック・ホームズとCSIが融合した」と言われるミステリー。(全13話)
19世紀末のカナダ・トロント。頭脳明晰で心優しきウィリアム・マードック刑事が検視官ジュリアや仲間たちとともに、当時はまだ珍しかった指紋や解剖学など最先端の技術を駆使し難事件に挑む。2008年にはカナダのエミー賞と呼ばれるジェミニ賞で計14部門にノミネートされた大人気ミステリーシリーズ。
更新予定
土 00:00