日本の詩情 京の焼物師(京都) ダイジェスト
再生

ブラウザーで視聴する

日本の詩情 京の焼物師(京都) ダイジェスト

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

日本の詩情 京の焼物師(京都) ダイジェスト

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
日本の詩情 京の焼物師(京都) ダイジェスト

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
日本の詩情 京の焼物師(京都) ダイジェスト

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
日本の詩情 京の焼物師(京都) ダイジェスト

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

日本の詩情 京の焼物師(京都) ダイジェスト

日本の詩情 京の焼物師(京都) ダイジェスト

清水焼、あるいは京焼の名をもって知られる京都の焼き物は、いわゆる○○焼きと一括して言えないような多彩な個性的・歴史的作品群の総称である。東山区日吉町、通称蛇ケ谷は大正以後に生まれた新しい焼物地帯である。ここの人々は芸術家とか作家とかという言葉を好まない。彼等は良い茶椀、皿、壺を生みだすことが生きがいなのだという。この積極的な創作のエネルギ-がまた新しい京焼を生みだしていく。京都という日本最古の人工都市の特殊性にふれながら、今日の京焼職人の意識を探る。

スタッフ
監修:宮本常一
再生時間
00:02:16
配信期間
未定
タイトル情報
日本の詩情
日本代表する民俗学者の宮本常一が監修をして、昭和40年~41年当時の日本各地の風俗を記録した貴重なドキュメンタリーフィルム。
地域社会に生きる“庶民の生活史”の追及をテーマに、全国各地の習俗、行事、生活、技術、信仰の様子など多彩な特色を持つその土地の背景を取材して、日本人の“生活の詩”を描いた作品。懐かしい日本の村里の姿がおさめられています。