爆発! 街道レーサー Vol1
再生

ブラウザーで視聴する

爆発! 街道レーサー Vol1

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

爆発! 街道レーサー Vol1

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
爆発! 街道レーサー Vol1

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
爆発! 街道レーサー Vol1

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
爆発! 街道レーサー Vol1

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

爆発! 街道レーサー Vol1

爆発! 街道レーサー Vol1

1971年から1989年まで富士スピードウェイで開催されていた「富士グランドチャンピオンレース」。同時に行われていた、市販車ベースにフルチューニングが施された車輌による戦い、「スーパーツーリングカー選手権」や「マイナーツーリングカー選手権」に若者達の人気は集中していた。そのGCレース開催日、駐車場の片隅で注目を集めていたのが派手なオーバーフェンダーや市販レース用部品によって自らの車をレース車輌に模した街道レーサー、通称「グラチャン族(GC族)」である。当初、二輪主体の暴走族とは一線を画しており、コンセプトも根本的に全く異なる。どちらかといえば、街道レーサーのルーツはエンジンチューニング主体の正統派を自負していたいわば「レースオタク」ある意味「コスプレ」。まだ市販エアロパーツやカスタム部品も無かった時代に、自作、またはメーカー及びワークスレーシングパーツを流用し、愛車を当時のシルエットフォーミュラに模して週末のGCを目指していた。しかし90年代以降市販エアロパーツやカスタムパーツの氾濫、及び、暴走族との混迷化、素材となる70~80年代の車輌、パーツ価格の高額化により、ある程度経済力のある中年世代の懐古趣味となり現在に至る。

再生時間
00:49:30
配信期間
未定
番組情報
爆発! 街道レーサー
グラチャン族たちの実像に迫るドキュメンタリー
派手なオーバーフェンダーや市販レース用部品によって自らの車をレース車輌に模した街道レーサー、通称「グラチャン族(GC族)」。

次の映像

映像一覧