おおきく振りかぶって 第3話 練習試合
再生

ブラウザーで視聴する

おおきく振りかぶって 第3話 練習試合

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

おおきく振りかぶって 第3話 練習試合

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
おおきく振りかぶって 第3話 練習試合

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
おおきく振りかぶって 第3話 練習試合

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
おおきく振りかぶって 第3話 練習試合

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

おおきく振りかぶって 第3話 練習試合

おおきく振りかぶって 第3話 練習試合

まで

明日は遂に三星学園との練習試合。百枝は夕食後、部員達に“瞬間視・周辺視のトレーニング”を言い渡す。その中で田島はダントツな成績を残し、その非凡な才能をみんなに印象づける。そんな中一人、明日の試合のことで頭がいっぱいな三橋。阿部から「体調は大丈夫なのか?」と聞かれるが、“何を言っても阿部にあきれられるのではないか?”と怖くて何も言えず、ただ阿部をイラつかせるだけだった。その夜も不安と緊張で眠れない三橋。自分はやはりピッチャーをやれる人間ではないのか……と、一人思い悩むのだった。

再生時間
00:24:09
配信期間
タイトル情報
おおきく振りかぶって
「絶対に面白い高校野球漫画。」
三橋廉は、すぐメソメソと泣いてしまう性格の野球少年。ポジションはピッチャー。彼は中学時代、“学園の経営者の孫”という理由でエースになっていた。そのくせ、3年間マウンドを誰にもゆずらなかった事でチームメイトに嫌われ、野球部は負け続けた。その罪悪感から、彼は完全に自信を失ってしまっていた。やがて中学を卒業した三橋は、エスカレーター式の三星学園ではなく、野球をやめる覚悟で西浦高校へ入学するが、その足はまっすぐに野球部のグラウンドへ向かっていた。
更新予定
毎日 00:00

production