薔薇と鞭(R15+)
再生

ブラウザーで視聴する

薔薇と鞭(R15+)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

薔薇と鞭(R15+)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
薔薇と鞭(R15+)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
薔薇と鞭(R15+)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
薔薇と鞭(R15+)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

薔薇と鞭(R15+)

薔薇と鞭(R15+)

まで

プロカメラマンの志摩明子は新進女流写真家として活躍していた。夫の光夫は高校教師をしているが、自宅スタジオでテキパキと仕事をする明子に劣等感を持っていた。ある夜明子が目を覚ますと、隣で光夫が自慰にふけっていた。明子は光夫をベッドに引きずり込むが、既に萎えてしまっていた。翌朝、明子は、しばらく一人で考えてみたい、という書き置きを残し家を出た。 数日後、学校から光夫が帰ると、明子はユキという少女を連れて来ていた。ユキは明子の命令に従順で、生きている人形のようだった。明子はユキをさんざん見せびらかすようにして帰っていった。 数日後、電話で呼び出された光夫は公園に出かけ、明子とユキに会った。ユキは以前会った時よりも更に飼育され、ちょっとした明子の刺激にも感じてしまうようになっていた。明子は、そんなユキを光夫に捧げるために飼育しているのだった。その日が来た。明子はユキを連れて光夫の許にやって来た。ユキに裸になるように命じ、鞭を手にする。何もしていないのに、それだけでユキは濡れていた。明子はユキを鎖でしばり上げ、鞭でいじめぬく。光夫もいつしか、明子と一緒になって、ユキをもて遊んでいた。ユキは激しく悶え、光夫は、ついにユキの体の中で果ててしまう。明子はそれを平然と見守っていたが……。※本作はR15+指定作品となります。15歳以上のお客さまはご覧いただけます。

キャスト
志摩明子=二條朱実 水沢ユキ=山科ゆり 志摩光夫=井上博一/宇野香織=丘奈保美 カメラ助手=影山英俊 緊縛指導=謝楽斉
スタッフ
脚本:桂千穂 監督:遠藤三郎
再生時間
01:11:59
配信期間
タイトル情報
薔薇と鞭(R15+)
「女が女を飼育する」、フランス秘密文学を素材にした耽美レズSM作品!
プロカメラマンの志摩明子は新進女流写真家として活躍していた。夫の光夫は高校教師をしているが、自宅スタジオでテキパキと仕事をする明子に劣等感を持っていた。ある夜明子が目を覚ますと、隣で光夫が自慰にふけっていた。明子は光夫をベッドに引きずり込むが、既に萎えてしまっていた。翌朝、明子は、しばらく一人で考えてみたい、という書き置きを残し家を出た。 数日後、学校から光夫が帰ると、明子はユキという少女を連れて来ていた。ユキは明子の命令に従順で、生きている人形のようだった。明子はユキをさんざん見せびらかすようにして帰っていった。 数日後、電話で呼び出された光夫は公園に出かけ、明子とユキに会った。ユキは以前会った時よりも更に飼育され、ちょっとした明子の刺激にも感じてしまうようになっていた。明子は、そんなユキを光夫に捧げるために飼育しているのだった。その日が来た。明子はユキを連れて光夫の許にやって来た。ユキに裸になるように命じ、鞭を手にする。何もしていないのに、それだけでユキは濡れていた。明子はユキを鎖でしばり上げ、鞭でいじめぬく。光夫もいつしか、明子と一緒になって、ユキをもて遊んでいた。ユキは激しく悶え、光夫は、ついにユキの体の中で果ててしまう。明子はそれを平然と見守っていたが……。
GYAO! 広告

映像一覧