荒野のピンカートン探偵社 #20 探偵の通信簿
再生

ブラウザーで視聴する

荒野のピンカートン探偵社 #20 探偵の通信簿

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

荒野のピンカートン探偵社 #20 探偵の通信簿

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
荒野のピンカートン探偵社 #20 探偵の通信簿

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
荒野のピンカートン探偵社 #20 探偵の通信簿

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
荒野のピンカートン探偵社 #20 探偵の通信簿

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

荒野のピンカートン探偵社 #20 探偵の通信簿

荒野のピンカートン探偵社 #20 探偵の通信簿

まで

事件もなく、ヒマをのんびり楽しむウィルと、調査方法の研究にいそしむケイト。そんな2人の前に、ウィルの弟ロバートが現れた。彼は探偵社の支局の年次評価を、シカゴ本社に報告するためだと説明する。ケイトはロバートが女性探偵を嫌っていることから、何か裏があるとにらむ。ロバートは調査のためと称し、ジョン・ベルやケンジ、ローガン保安官、アナリーにまで詳しく話を聞く。彼らは回想しながら質問に答えるが、ロバートの話のとらえ方が否定的だと感じ、気分を害する者もいた。その様子を見て、警戒を強めるケイトとウィル。やがて、ロバートはある計画をウィルに持ちかける。それは探偵社を揺るがす内容だった。

キャスト
アラン・ピンカ-トン役:アンガス・マクファーデン ケイト・ウォーン役:マーサ・マックアイサック ウィリアム・ピンカ-トン役:ジェイコブ・ブレア ケンジ・ハラダ役:ディーン・フジオカ ミヨ役:加賀美セイラ
スタッフ
製作:スザーン・バーガー 監督:ダグ・ミッチェル、ゲーリー・イエーツ、ジャフ・ビーズリー、ドン・マックトヘオン、マイケル・デカーロ、ポール・フォックス ほか 脚本:アリソン・リー・ビンゲマン、ケビン・エイブラムス、アダム・ムーア、クリスティーナ・レイ、アレクサンドラ・ミルチェフ、グレン・デイヴィス、ウィリアム・ピアース、ショーン・ピアーズ、アリソン・ビンゲマン、トニー・エリオット、ビル・ローリン、ロイ・サロウズ、フィル・ベダード、アヴラム・ジェイコブソン ほか
再生時間
00:42:00
配信期間
タイトル情報
荒野のピンカートン探偵社
1860年代のアメリカ開拓時代のカンザス州で実際に彼らが解決した事件を題材に描いた、『1話完結型』のオリジナル探偵シリーズ。(全22話)
1860年代の開拓時代、米中西部カンザス州。アランとその息子ウィリアムは史上初の探偵社“ピンカートン探偵社”を創設したばかりだが、そこで女性探偵ケイトも働きだすように。創設者のアランはすべてに抜け目がなく非常にタフな男。ウィリアムはつい口より先に手が出る昔ながらのタフガイだが、探偵として高い技術と熱い気持ちを持っている。一方ケイトは優秀な科学捜査官であると同時に囮捜査の名手でもある。アラン、ウィリアム、ケイトというトリオは、意見を対立させてしまうことも多いが、どんなに困難であっても凶悪事件の真相を明らかにすべきという気持ちは同じで、力を合わせていく。彼らはブッチ・キャシディ、サンダンス・キッド、ビリー・ザ・キッド、そしてウィリアムの宿敵ジェシー・ジェームズなどの伝説的人物たちと出会っていく……。
更新予定
毎日 00:00