Miss ZOMBIE プロモーション映像 予告編
再生

ブラウザーで視聴する

Miss ZOMBIE プロモーション映像 予告編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

Miss ZOMBIE プロモーション映像 予告編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Miss ZOMBIE プロモーション映像 予告編

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Miss ZOMBIE プロモーション映像 予告編

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
Miss ZOMBIE プロモーション映像 予告編

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

Miss ZOMBIE プロモーション映像 予告編

Miss ZOMBIE プロモーション映像 予告編

生きているのは私たち“人間”か、彼女“ZOMBIE”か? 幸福な寺本家に、ある日、送られて来た大きな荷物。使用人の男手二人でこじ開けた中には、「肉を与えるな」という取扱説明書と拳銃、そして檻。中には、怯えた様子の若い女がうずくまっていた。名は沙羅(さら/小松彩夏)。生気のない眼、おびただしい全身の傷跡、帝王切開の痕。記憶と感情を失い、人間を襲うことのない種類のゾンビだった。その日から、沙羅は寺本家の下僕として働くことになる。平穏だった日常に突然現れたゾンビを、人々は嫌悪し、気の向くまま迫害する。繰り返される悪意に満ちた悪戯――子供たちは石を投げつけ、若者はナイフを突き立て、使用人たちは身体を弄んだ。ただふたり、寺本の妻・志津子(冨樫真)と幼いひとり息子の健一を除いて。特に健一は、買ってもらったばかりのポラロイドカメラで沙羅を撮ることに夢中になっていた。そんなある日、健一が過って溺死してしまう……。

キャスト
出演:小松彩夏 冨樫真 手塚とおる 駿河太郎 芹澤興人 山内圭哉
スタッフ
原案・脚本・監督:SABU
再生時間
00:01:29
配信期間
未定
番組情報
Miss ZOMBIE プロモーション映像
世界をあっと言わせた『弾丸ランナー』から17年、ベルリン映画祭で激賞された『幸福の鐘』から10年ぶりにSABU監督が放つ、待望の完全オリジナル・ストーリー映画!!
1996年のデビュー『弾丸ランナー』以来、クールで独創的&疾走感溢れる作品を立て続けに発表し、世界的な人気を誇るSABU監督。ベルリン映画祭で激賞された『幸福の鐘』から約10年ぶりに、全世界待望“原案・脚本・監督”による完全オリジナル・ストーリーの新作を完成させた。

映像一覧

GYAO!ストア(有料)

Miss ZOMBIE

GYAO!ストア(有料)で作品をまとめて配信中!