メカニック(R15+)
再生

ブラウザーで視聴する

メカニック(R15+)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

メカニック(R15+)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
メカニック(R15+)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
メカニック(R15+)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
メカニック(R15+)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

メカニック(R15+)

メカニック(R15+)

まで

南米コロンビアの麻薬王が自宅のプールで暗殺されるが、事件は他殺ではなく事故死として受け入れられた。暗殺者の名はアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)。闇の犯罪組織に雇われて次々と仕事をこなしつつも、殺人の痕跡をいっさい残さない。誰とも組まずに孤独を受け入れる。まさしく、プロ中のプロだ。そんなアーサーにミッションが下された。それはアーサーの親友であり、この仕事を始めるきっかけを作ってくれた恩人の暗殺。葛藤を抱えながらも、プロとしてこの仕事を引き受けた。車椅子生活をおくる親友を抹殺するのは、友人を騙すことに対する苦悩を除けば、たやすいことだった。親友の葬儀に出席したアーサーは、そこで親友の息子で乱暴者のスティーブ(ベン・フォスター)と再会する。罪悪感からかオヤジがあんたに教えたことを俺も教わりたいというスティーブに暗殺のテクニックすべてを叩きこもうとする。最初の仕事こそ手際が悪かったが、スティーブはメキメキと腕を上げていった。新たなミッションでスティーブとともに、標的が滞在するホテルに手際よく潜入するが、スティーブのちょっとしたミスから、派手な銃撃戦に。この頃から、何かが確実に狂い始めていた。死んだはずの男の突然の出現、父を殺したかもしれないアーサーに対するスティーブの疑念。誰を信じ、誰を敵とみなすべきか? 混沌とした状況下、アーサーの命を懸けた戦いが始まろうとしていた! ※本作はR15+指定作品となります。15歳以上のお客さまはご覧いただけます。

キャスト
ジェイソン・ステイサム ベン・フォスター ドナルド・サザーランド
スタッフ
監督:サイモン・ウェスト 原案:ルイス・ジョン・カリーノ 製作総指揮:アーウィン・ウィンクラー
再生時間
01:32:17
配信期間
タイトル情報
メカニック(R15+)
『トランスポーター』『アドレナリン』ジェイソン・ステイサム主演のスーパー・ハード・アクション! 職業、殺し屋。今度の依頼は、裏がある。
南米コロンビアの麻薬王が自宅のプールで暗殺されるが、事件は他殺ではなく事故死として受け入れられた。暗殺者の名はアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)。闇の犯罪組織に雇われて次々と仕事をこなしつつも、殺人の痕跡をいっさい残さない。誰とも組まずに孤独を受け入れる。まさしく、プロ中のプロだ。そんなアーサーにミッションが下された。それはアーサーの親友であり、この仕事を始めるきっかけを作ってくれた恩人の暗殺。葛藤を抱えながらも、プロとしてこの仕事を引き受けた。車椅子生活をおくる親友を抹殺するのは、友人を騙すことに対する苦悩を除けば、たやすいことだった。親友の葬儀に出席したアーサーは、そこで親友の息子で乱暴者のスティーブ(ベン・フォスター)と再会する。罪悪感からかオヤジがあんたに教えたことを俺も教わりたいというスティーブに暗殺のテクニックすべてを叩きこもうとする。最初の仕事こそ手際が悪かったが、スティーブはメキメキと腕を上げていった。新たなミッションでスティーブとともに、標的が滞在するホテルに手際よく潜入するが、スティーブのちょっとしたミスから、派手な銃撃戦に。この頃から、何かが確実に狂い始めていた。死んだはずの男の突然の出現、父を殺したかもしれないアーサーに対するスティーブの疑念。誰を信じ、誰を敵とみなすべきか? 混沌とした状況下、アーサーの命を懸けた戦いが始まろうとしていた!
GYAO! 広告

映像一覧